虎に翼56話ネタバレ6/17月【多岐川の熱いスピーチ!裁判官はじまる

[PR]

今回は『虎に翼』の56話(第12週)6月17日 月曜のあらすじネタバレ、放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

12週タイトル「家に女房なきは火のない炉のごとし?」意味は:家に主婦がいないのは、炉の中に火がないのと同じで、大事なものが欠けていて寂しいということ。

(56話)

昭和24年1月、ついに家庭裁判所が発足。多岐川(滝藤賢一)は寅子(伊藤沙莉)たちに家裁の「五つの性格」について聞かせる。

設立記念のパーティーの後、寅子は最高裁長官の星朋彦(平田満)から新たな辞令を受ける。

これまでの仕事に加え、東京家庭裁判所判事補を兼務することになった寅子。念願の「裁判官」として、寅子の新しい仕事が始まる。

引用dimora.jp

最終回までのあらすじネタバレはこちらから⇓⇓

虎に翼 ネタバレあらすじ最終回マデプラス吹き出し意味まで

虎に翼12週56話のネタバレあらすじと放送前朝ドラ予告レビュー

ドラマ「虎に翼」56話の詳細あらすじ

1949年(昭和24年)正月、家庭裁判所開所の段取りを整えた寅子は、家族と一緒にリラックスしてお雑煮を食べていると、上司の多岐川から電報が届きます。電報には、急用があるから今夜家に来るようにと書かれていました。

その夜、正月休みを返上して多岐川の家に足を運んだ寅子は、いきなり多岐川の『水行』を手伝うように命じられます。困惑しながらも、寅子は桶を手に取り、せっせと多岐川に冷たい水を掛けます。

その翌日、法曹会館で開かれる『家庭裁判所開所記念式典』に出席した寅子。最高裁家庭局長に就任した多岐川が、家庭裁判所の基本理念となる『五性格』を披露します。「独立的・民主的・科学的・教育的・社会的な性格を持つ場所こそ愛の裁判所」と力説します。

立食パーティー中、司法省の人事課長・桂場から呼び出された寅子。そこには、桂場と初代最高裁判所長官・星朋彦が待っていました。星は寅子に『東京家庭裁判所判事補、兼、最高裁判所家庭局事務官』の辞令を言い渡しました。寅子は家庭局の仕事も兼務しながらという条件があるものの、念願の裁判官になりました。

56話予告のレビュー

多岐川室長の愛と情熱にあふれる熱いスピーチに期待が高まります。聴衆の心に訴えかける演説を得意とする多岐川さんの熱のこもったスピーチが聴けるのが楽しみです。

また、期限内に家庭裁判所の開設に成功した寅子には、桂場さんからのご褒美が待っています。念願だった裁判官になる辞令が言い渡される瞬間です。ただ専任の裁判官ではなく事務官と兼務という点が、寅子には少し引っかかるようですが、まずは喜びたいですね。

虎に翼10週以降の登場人物相関図

10週からの出演者相関図・キャストを紹介。

➡ 公式登場人物

 

 

◆放送後に詳細あらすじネタバレ・感想を追記してお届けします⇓⇓

 

◆朝ドラガイドブック・シナリオ集はこちらから⇓⇓

番組台本のレイアウトそのままに、本番のドラマでカットされたシーンやセリフもすべて楽しめるシナリオ集!

・三淵嘉子の生涯 単行本はこちらから

 

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧

にぶんのいち夫婦 最新刊完結結末!全巻小説-和真視点

あなたがしてくれなくても結末最新話不倫恋完結はまだ

凪のお暇ネタバレ最新話刊-結末最終巻マデ

いつわりの愛‐契約婚漫画結末!小説ヨリ最後は理人離婚!

復讐の未亡人最終回マデ

血の轍ネタバレ

ギルティ最終回マデドラマ違い【瑠衣の正体と目的

それでも愛を誓いますか最終回全ネタバレ!真山と結ばれる?元サヤに

ミステリと言う勿れ 結末マデ犯人と真相