どうする家康ネタバレ29話【伊賀越え逃亡も牢屋に!本多正信が救済

どうする家康ネタバレ29 話 大河ドラマ

[PR]

今回は『どうする家康』29話のネタバレを解説していきます。

『どうする家康』29話は2023年7月30日放送です。どうする家康ネタバレ28話【信長の死!本能寺の変!

29話は本能寺の変(ほんのうじのへん)のその後と命を狙われた家康が伊賀越え(いがごえ)で決死の逃亡を試みる場面が描かれます。

『どうする家康』29話ネタバレ

それでは、『どうする家康』29話のネタバレを紹介していきましょう。

本能寺の変のその後

どうする家康ネタバレ29 話

1582年6月の早朝に明智光秀(あけち みつひで)は、織田信長のいる本能寺(ほんのうじ)を襲撃します。

信長は勝ち目がないことを悟り、本能寺(ほんのうじ)に火を放ち自刃しました。

光秀は信長を討った直後に次は、織田信忠(おだ のぶただ)を攻め滅ぼすことに成功します。

信長と嫡男・信忠を討ち、京都を制圧し、公家らにも根回しして天下を取る基盤を固めていきました。

信長を討った知らせは、豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)や柴田勝家(しばた かついえ)にも届きます。

しかし2人は遠方で戦っているため、光秀の次の標的は家康だったのです。

家康の決死の脱出

どうする家康ネタバレ29 話

茶屋四郎次郎(ちゃや しろうじろう)から信長が討たれたこと、次に狙われているのが自分であることを家康は知らされます。

報告を受けた家康は三河に戻るため、決死の脱出を続けていました。

落ち武者狩りや武装した民衆に襲われながら逃げ続け、資金も底をつき、服部半蔵(はっとり はんぞう)らが野菜を採ってきて分け合ってしのいでいます。

服部半蔵(はっとり はんぞう)は、家康に伊賀(いが)を通ることを提案しました。

伊賀(いが)は信長との戦いで大きなダメージを負っていることから、最良の近道だと教えます。

しかし、家康は本当に安全なのか懐疑的でした。

半蔵は自身の故郷だから大丈夫だと言い、泊まる場所として多羅尾光俊(たらお みつとし)の居城・小川城にするよう言います。

多羅尾光俊(たらお みつとし)は甲賀忍者の首領的存在、家康も過去に助けられたことはありましたが、今回も助けてくれるかどうかは分かりません。

しかし、今の状況ではそうするしかありませんでした。

酒井忠次(さかい ただつぐ)と石川数正(いしかわ かずまさ)は、敵を欺くため信楽(しがらき)・近江路(おうみじ)・桜峠(さくらとうげ)の3方に分かれて行こうと提案しました。

家康は2人が、おとりになろうとしていると気づきます。

榊原康政(さかきばら やすまさ)と本多忠勝(ほんだ ただかつ)がおとり役を買ってでますが、酒井忠次(さかい ただつぐ)らは反対しました。

酒井忠次(さかい ただつぐ)らは、榊原康政(さかきばら やすまさ)と本多忠勝(ほんだ ただかつ)に家康を支えるよう言い聞かせます。

家康は酒井忠次(さかい ただつぐ)らに「必ず生きて戻ってこい」と伝え、伊勢での合流を誓いました。

家康に仕掛けられた罠

どうする家康ネタバレ29 話

小川城の城主・多羅尾光俊は(たらお みつとし)は快く家康たちを迎え入れます。

しかし、榊原康政(さかきばら やすまさ)と本多忠勝(ほんだ ただかつ)は怪しい空気を感じ、退くことを提案します。

服部半蔵(はっとり はんぞう)は、甲賀忍者・伴与七郎(ばん よしちろう)が食料を抱えて現れたため驚きました。

甲賀忍者・伴与七郎(ばん よしちろう)は、かつて家康の妻子奪還の手助けをしてくれた人物です。

家康らは安心しました。

多羅尾光俊(たらお みつとし)らは家康らに食事を提供し、協力的でしたが伊賀(いが)を越えるのには難色を示します。

伊賀(いが)の人たちは土地をめちゃくちゃにした織田家を恨んでおり、家康が行けばさらなる火種になると言います。

多羅尾光俊(たらお みつとし)は伊賀(いが)ではなく、信楽(しがらき)を通った方が良いと言いました。

家康は服部半蔵(はっとり はんぞう)と「多羅尾光俊(たらお みつとし)の対応が良すぎる」「信楽に誘導しようとしているのでは」と話します。

家康たちは怪しい空気を感じ、朝が来る前に小川城を去りました。

牢に押し込められた家康

どうする家康ネタバレ29 話

小川城から去ろうとした矢先、家康たちは伊賀忍者の集団に捕まり、牢に閉じ込められます。

捕らえたのは伊賀忍者の頭・百道丹波(ももち たんば)でした。

家康から瀬名の形見のウサギを奪い取り、「金目のものは持ってないか」と言い捨ててしまいます。

信長を討った光秀に家康の首を差し出すと言い、家康を引っ張り出しました。

家康は自らの首をくれてやる代わりに、家臣たちは逃がすように百道丹波(ももち たんば)に言います。

家康は死ぬことを覚悟していました。

意外な人物との再会

どうする家康ネタバレ29 話

現れた男は、本物の家康がいることに驚きます。その男は家康のかつての家臣・本田正信(ほんだ まさのぶ)でした。

三河一向一揆(みかわいっこういっき)では、家康と対立して三河を追放され行方不明でした。

本田正信(ほんだ まさのぶ)は伊賀(いが)で参謀になっていたのです。

本田正信(ほんだ まさのぶ)の助けで家康たちは解放され、別のところで捕らえられた榊原康政(さかきばら やすまさ)と本多忠勝(ほんだ ただかつ)らとも合流しました。

疲れ果てた状態で伊勢・白子浜(しらこはま)に着きます。

酒井忠次(さかい ただつぐ)と石川数正(いしかわ かずまさ)は、敵に遭遇することなく合流場所に着いて待っていました。

結局、家康がおとりになったような形にはなりましたが、一行は無事に三河にたどり着きます。

明智光秀(あけち みつひで)は豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)との戦いに敗れ、敗走中に落ち武者狩りに遭い命を落としました。

どうする家康ネタバレ30話お市と勝家が自害!秀吉が明智を討つ

まとめ

『どうする家康』29話ネタバレを紹介してきました。

29話は本能寺の変(ほんのうじのへん)が起きたことで、家康は窮地に立たされ、命からがらの伊賀越え(いがごえ)を試みます。

そこにも罠が仕掛けられており、追い込まれますがかつての家臣・本田正信(ほんだ まさのぶ)の登場で光明が見え始めてよかったです。

次週は明智光秀(あけち みつひで)を討った、秀吉に天下が移行していき家康はどう動くのか楽しみですね。

 

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓