ブギウギ 2週6話ネタバレあらすじUSK入団!橘アオイ/翼和希が新人教育

[PR]

朝ドラNHK連続テレビ小説『ブギウギ 』2週6話ネタバレあらすじです。放送後にあらすじネタバレ詳細と感想もアップします。

2週タイトルは「笑う門には福来る」 2023年10月9日(月曜)放送予定。

朝ドラ『ブギウギ』は、戦後ブームになった歌“東京ブギウギ”の歌い手として爆発的な人気を得た〈ブギの女王〉こと笠置シヅ子さんをモデルにしてます。詳しくは⇒ブギウギ花田鈴子モデル誰?笠置シヅ子の生涯!養子や結婚相手の死!朝ドラ

前話では、

劇場でトップスターの大和礼子(蒼井優)や橘アオイ(翼和希)の踊りを見て感動した鈴子は、梅丸少女歌劇団に入りたいと心に決める。試験の日、鈴子は意気揚々と会場へ向かうのだが…。

朝ドラ ブギウギ 2週6話ネタバレあらすじ【USK入団!橘アオイ/翼和希,大和礼子/蒼井優を間近で

鈴子(澤井梨丘)は梅丸少女歌劇団(USK)に研究生として入団する。鈴子たち新入生は、まず先輩の稽古を朝から見て覚えていくことになった。

新人教育係の橘アオイ(翼和希)は劇団のトップスター。鈴子たちは橘アオイから規律を徹底的に叩き込まれ、厳しいバレエや踊りの稽古も始まった。

そんななか、鈴子は父・梅吉(柳葉敏郎)と見てあこがれた大トップ・大和礼子(蒼井優)が華麗に舞う姿を間近で見ることになる。

 

 

 

ブギウギ2週ネタバレあらすじ【梅丸歌劇団入団,同期とは険悪に

ブギウギ3週ネタバレあらすじ【スズ子たちストライキ!?桃色争議とは

 

ネタバレあらすじトップページ⇓⇓

ブギウギ朝ドラネタバレあらすじ最終回マデ来週,今後の結婚相手/死

USK同期の子役さんたちも紹介⇓⇓

ブギウギ子役 鈴子幼少期は澤井梨丘!タイ子,同期の辰美,幸子は誰?

 

詳しいモデルの内容はこちらから⇒ブギウギ花田鈴子モデル誰?笠置シヅ子の生涯!養子や結婚相手の死!

鈴子の家族や、銭湯の常連さんなど周りの人々が登場してきます⇓⇓

ブギウギキャスト相関図一覧! 結婚相手役の水上恒司は誰?子役全紹介

ブギウギ ロケ地舞台全撮影場所!エキストラ募集2023-2024最新

::::::::::::::

『ブギウギ』の6話(第2週)10月9日 月曜日放送後の詳細あらすじネタバレ

について【それぞれの事情】と題して第2週6話をお送りします。

 

USKで女性トップスターの大和礼子が親から反対されて、劇団に特別待遇で迎え入れられていたことを教えてもらった鈴子。

 

鈴子にそれを教えてくれた大きな乾物屋の娘である白川幸子もまた親から反対されていたのでした。

 

<ブギウギ 第2週6話のあらすじ>

 

昭和2年4月から『梅丸少女歌劇団(USK)』の研修生となったのは、鈴子を含めて7人でした。

 

入所式でスピーチをしたUSKの林部長から、『花咲少女歌劇団』が華やかさを特徴としているのに対して、『梅丸少女歌劇団』は”強く、たくましく、泥臭く、そして、艶やかに”がモットーだと告げられた新入研究生たち。

 

そんな新入研究生たちは、USK1期生で男役としてトップスターとなっている橘アオイが教育係となり厳しい指導を受けることになります。

 

昼食時間になって同期の白川幸子と一緒に弁当を開けた鈴子。

 

すると大きな大きな乾物屋の娘だと自己紹介した幸子の重箱に盛り付けられた豪華な弁当だったのです。

 

そして幸子から卵焼きをわけてもらった鈴子は、その美味しさに目を丸くして感動したのでした。

 

幸子とそんな和やかなひと時をすごしていた鈴子でしたが、同じ同期生だというのに隅のベンチで一人食事する桜庭辰美のことが気になっていたのです。

 

昼食が終わってからは日舞・タップダンス・バレエと休む間もなくレッスンが始まります。

 

初日から厳しいレッスンを受けた新入研究生たちはみなヘトヘトになってしまったのでした

 

しかもレッスンが終わったあとは洗濯や掃除をしなければならず、お嬢様育ちの幸子はいつになったら帰れるのかと愚痴をこぼしたのでした。

 

そんななかで、昼食時に鈴子が気にしていた桜庭辰美は、ひとりてきぱきと雑用を片付けて、”ほな、お先に”と言ってさっさと帰っていってしまったのです。

 

そんな辰美のことをついつい”好かん”と口にしてしまった鈴子。

 

そのころのUSKは、あくまでも映画の幕間をつかっての舞台となっていました。

 

USKが発足して5年がすぎていましたが、団員は単独公演の実現を目指して日々鍛錬を重ねていたのです。

 

それでも舞台袖から娘役のトップスターである大和礼子を見ていた鈴子は、自分もはやく輝きたいと思うのでした。

 

その日のレッスンを終えた鈴子と幸子が自分たちもはやくデビューしたいと話し合っていると、桜庭辰美は相変わらずささと雑用を終えて先に帰っていきます。

 

自分と同じように”好かん”を口にした幸子に、自分たちが何か嫌われることをしてしまったのではないかと不安になった鈴子

 

そんなことを話ながら二人が教室の前を通り過ぎようとすると、中でひとりで黙々と稽古をしている大和礼子の姿を見かけます。

 

トップスターでありながら努力を怠らない大和礼子に驚いていた鈴子に、幸子が初めて聞く話を教えてくれます。

 

それは東京生まれの大和礼子は親に反対されたため、劇団が学費免除の特別待遇で招き入れたのだというものだったのです。

 

噂話が大好きだと返した鈴子に、幸子は自分も親に反対されていることを明かします。

 

辛い表情を浮かべた幸子は乾物屋にはなりたくないと言い残して、その場から去っていったのでした。

 

<ブギウギ 第2週6話の感想>

 

USKのレッスンはいきなり厳しいものでしたね。

 

劇団としても入団した研修生たちが抜け落ちていくことを予め想定しているようで、その厳しさがうかがえます。

 

7人いるという新入研修生で、2名が鈴子に絡んできました。

 

この二人は後々まで関わってきそうで、主要登場人物なのかも知れません。

 

親から反対されているという白川幸子だけでなく、溶け込もうとしない桜庭辰美も何か事情がありそうですね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓