下剋上球児ネタバレ8話【星葉高校因縁対決!先発は犬塚翔,根室か

[PR]

ドラマ「下剋上球児」ネタバレ8話あらすじ【星葉高校因縁対決!先発は犬塚翔,根室か】と題してお送りします。

「下剋上球児」の第8話(12月3日放送)では、南雲監督が率いる越山高校野球部が、夏の大会で34年ぶりにベスト8に名乗りを上げました。

地元の応援を背にして準々決勝まで駒を進めたものの、部員たちの中には緊張感が薄れている様子が見られました。

そんな中で迎える準決勝では、賀門監督が指揮する強豪・星葉高校との対戦が控えており、南雲監督は先発ピッチャーの決定に苦慮していました。

それでは「下剋上球児」8話のあらすじネタバレ展開予想、感想や評判をご覧ください!!

下剋上球児ネタバレ8話【星葉高校因縁対決!先発は犬塚翔,根室か

南雲監督(鈴木亮平)が復帰してから1年目。越山高校野球部は“日本一の下剋上”を目標に掲げ、夏の大会で34年ぶりにベスト8入りを果たしていました。

地元からの熱い声援を受けて準々決勝も勝ち抜いた部員たちでしたが、なんとなく緊張感が希薄になっており、南雲監督と山住(黒木華)は心配していました。

次に戦う相手は賀門(松平健)監督が率いる強豪・星葉高校。南雲監督にとっては教員免許の件で決別した賀門監督との師弟対決となります。

甲子園出場を懸けた重要な一戦で先発するのは、エースの翔(中沢元紀)か、成長著しい根室(兵頭功海)か。

どちらが相手チームに対抗できるか、そして甲子園を目指すうえで最適な選択か。

この選択が物語の展開に大きく影響することは間違いありません。

 

8話ネタバレ:山住にアクシデント

一方で、練習中に山住に打球が直撃するアクシデントが起こります。

激しい痛みに耐えながらも、山住は部員たちに対して、この事故を南雲監督に知らせないようにと言います。

その理由は何か。この事故が後の展開にどんな影響を及ぼすのか。

物語は重要な試合へ向けて高まる緊張感と、選手たちや監督の思いが交錯しながら、新しい局面へと進んでいきます。

【どこにでもいそうな”ごく普通”の社会科教師が、弱小高校野球部で”下剋上”!?】

衝撃結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

***初回限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など原案小説もお得に読めます***

8話ネタバレ:準決勝の星葉高校と因縁対決!先発は犬塚翔か根室か

「下剋上球児」第8話の見どころは、南雲監督の帰還から1年後の夏の大会での越山高校野球部の活躍です。

強敵・星葉高校との壮絶な戦い!
しかし、準々決勝を勝ち抜いたものの、部員たちには不安が渦巻いていました。

次の準決勝では、南雲監督の恩師である賀門監督(松平健)が率いる強豪・星葉高校と対戦することになり、

南雲監督にとっては教員免許を失った過去の因縁がある師弟対決となります。

先発ピッチャーは誰にする?
甲子園出場を目指す重要な一戦を前に、南雲監督は先発ピッチャーを決めることに苦慮しています。

エース格の翔か、急成長した根室か。

どちらが相手チームに立ち向かえるか、そして甲子園への道を切り開くためにはどうすべきか。

この選択が物語の展開に大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

下剋上球児キャスト生徒役で野球経験者は?相関図息子,二世は誰

下剋上球児ネタバレ最終回原作!実話モデル白山高校の結末!甲子園結果惨敗

8話9話ネタバレ越山高校のモデル白山高校と、星葉高校のモデル菰野高校の因縁対決

越山高校のモデル白山高校と、星葉高校のモデル菰野高校についての因縁対決について解説します⇓⇓

◆白山高校の目標は打倒・菰野高校

白山高校が夢見るのは甲子園ではなく、菰野(こもの)高校に勝つことでした。なぜなら、2017年夏と2018年春の予選で菰野と対戦して敗れていたからです。「菰野高校」…それは白山にとって最大のライバルであり、乗り越えなければならない難関でした。白山が優勝した2018年夏の予選では、3回戦で両校が壮絶な戦いを繰り広げました。

その菰野との試合には驚くべきエピソードがあります。

8回表ワンアウト満塁の場面で、打者がサードゴロを放ちましたが、サードランナーの伊藤くんがホームベースに走ることなく三塁に戻ってしまいました!?(※注釈:満塁でのゴロの場合、走者は必ず次の塁に進まなければなりません。逆に帰塁する必要はありません)伊藤くんは真夏の暑さによって頭がぼーっとしていたようです。

しかし、相手の三塁手は(三塁走者のこの行動に)パニックに陥ってエラーを犯してしまい、ボールはレフト線ファールゾーンに飛んでいきます。白山が一気に逆転しました。

このシーンのことを原案本の著者は「不穏な三塁ランナー」「誰もが終わったと思った瞬間」と書いています。

そして何とか8回と9回の菰野の攻撃をしのいで、白山高校が勝利。この「三度目の正直」となる、白山が菰野から奪い取った勝利こそ、白山にとって2018年夏の予選で最も重要な試合でした。

・山住に衝撃的な事態

また、練習中に山住が打球を顔面に受ける衝撃的な事態が起こります。

激しい痛みに耐えながら、山住は部員たちに対して、この件を南雲監督には知らせないようにと念を押します。

その背景には何か秘密が隠されているようで、これが今後の展開にどんな影響を与えるのかが注目されます。

物語は重要な試合への高まる期待と、選手たちや監督の心情が入り混じりながら、新しい局面へと進んでいきます。

【どこにでもいそうな”ごく普通”の社会科教師が、弱小高校野球部で”下剋上”!?】

衝撃結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

***初回限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など原案小説もお得に読めます***


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓