虎に翼 2話あらすじ感想【大きな声を出してしまった寅子】

[PR]

今回は『虎に翼』の2話(第1週)4月2日 火曜日放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

 

【大きな声を出してしまった寅子】と題して第1週2話をお送りします。

 

優三の弁当を届けにいった寅子は、教室の中から”女性は無能力者”という声を聞いて大きな声を出してしまいます。

 

教室からでてきた講師に怒られることを覚悟した寅子でしたが、そこに年配の男があらわれたのでした。

 

<虎に翼 第1週2話のあらすじ>

 

寅子は三度目の見合いも断られてしまい、猪爪家では反省会が開かれます。

 

寅子が女学校を卒業するまでには絶対に嫁ぎ先を決めると意気込む母親のはる。

 

それを聞いて寅子は思わずぼやいてしまいます。

 

“私、頼んでないのに、、、”

 

すると反省の見えない様子を見て、はるは寅子を叱りつけるのでした。

 

“思ったことをそのまま口にするんじゃありません”

 

その一方で猪爪家の長男である直道と寅子の親友である米谷花江の結婚準備が進められます。

 

そんなとある日曜日に猪爪家に米谷家を招いての晩餐会が開かれたのです。

 

座敷で盛り上がっている面々を台所から眺めていて、傍らにいた下宿人の優三に話しかけた寅子。

 

“あたし、あの顔苦手だわぁ、、、”

 

寅子が見ていたのは夫たちの前で急にしおらしく振る舞う両家の母親と、直道のそばで幸せそうな顔をしている花江だったのです。

 

母親たちに冷ややかな視線をおくり、花江のようすに複雑な気持になっていた寅子の横では、能天気に優三がエビの天ぷらを頬張っていました。

 

早くに両親を亡くした優三は、父親の意思を継いで弁護士を目指していましたが、大学時代に高等試験司法科に落ちてしまっていたのです。

 

そして昼間は寅子の父が勤めている帝都銀行で働き、仕事を終えてから夜学に通っていました。

 

それから数日後にはるの元に親戚の訃報が届きます。

 

はるが故郷である丸亀へ里帰りしてしまったため、猪爪家の家事をもうすぐ義姉になる花江に手伝ってもらうことにした寅子。

 

すると米谷家から女中の稲もやってきてくれたのです。

 

すると夕飯の準備をしながら三人でのお喋りがはじまります。

 

“寅ちゃんは結婚したお家で一番になればいいのよ”

 

はるみたいになればイイと上から目線で寅子に助言した花江は、女学校在学中に結婚することが夢だったのです。

 

花江の結婚観が一般的だと頭の中ではわかっている寅子でしたが、どうしても結婚の先に自分の幸せを見出せないでいたのでした。

 

すると寅子の心を見透したかのように稲が口を開きます。

 

“女は男みたいに好き勝手にゃ、いかないからね”

 

稲は寅子に向かって、何も考えずに受け入れることを勧めたのでした。

 

そんな寅子は夜学に通う優三の弁当を作るのをうっかり忘れてしまいます。

 

追って作った弁当を明律大学の夜学で講義を受けている優三に届けることになった寅子。

 

ところが、大学についた寅子が窓越しに覗いているときに、”女性は無能力者”と聞こえてきて思わず大きな声を出してしまったのです。

 

“はぁ?!”

 

すると講師をしていた裁判官の桂場等一郎から睨みつけられてしまった寅子。

 

すると何と桂場が教室からでてきたのです。

 

“偉い感じの人に怒られるやつだ、、、”

 

驚いた優三も慌てて駆け寄ろうとしますが、そこにあらわれた年配の男が寅子を呼び止めます。

 

寅子が心の中で怒られることを覚悟していると、微笑みながら優しく声をかけてきたのです。

 

“言いたいことがあれば言いたまえ”

 

そんな予想外の言葉に寅子は拍子抜けしてしまうのでした。

 

<虎に翼 第1週2話の感想>

 

見合相手の女性からいきなり社会情勢の話題を振られたら、昭和初期でなくても引いてしまうかも知れません。

 

見合い相手から三度も断られた寅子ですが、心の中では失敗したとは感じていないないようにも思えます。

 

それにしても『虎に翼』は前作の『ブギウギ』と共通する部分が散在していますよね。

 

時代もはぼ被っているので、どこかで繋がることを期待したくなります。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓