べっぴんさん ネタバレ 栄輔倒産後に潔の家へ24週134話135話 

[PR]

べっぴんさん ネタバレ 24週 134話 135話の内容です。

べっぴんさんの24週 134話と135話を簡単にネタバレします。

オイルショックの影響を受けた日本の景気は後退し始めますが、
健太郎のキアリス拡大路線に導きたい思いは収まりません。

一方、孫の藍が可愛すぎる紀夫は8ミリカメラを購入し、
孫の姿を撮影するのに没頭する紀夫の様子を見たすみれは、
キアリスガイドを映像化してはどうかと提案します。

健太郎の暴走はまだ止まらないようですね。
健太郎が心配です。

紀夫は孫の藍が可愛くて可愛くて仕方がないようですね。

ジジバカとなる紀夫を永山絢斗さんはどう演じるのか、
楽しみです。

では、べっぴんさん 24週 134話のネタバレあらすじです。
************************

23週に続き、オイルショックの直撃を受け日本の景気は
後退し始めたことで、キアリスも若手社員たちが進めていた
企画の見直しをしなければいけなくなっていました。

しかし、そのことに健太郎は納得できません。

自分の意見が社内の誰にも聞き入れてもらえない健太郎は、
KADOSHOの社長である古門のところに訪れて意見を求めます。

そして、今、拡大路線をやめてはいけないとの確信を
古門の話を聞いて健太郎はさらに強めていました。

その一方、初孫が産まれたことに心踊っている紀夫は
8ミリカメラを購入します。

孫の藍が成長する姿を残しておこうと撮影に熱心に取り組む
紀夫の様子を見て、すみれはキアリスガイドを映像化することを
思いつくのでした。

ここまでが134話のネタバレあらすじで、

次から135話になります。
**************

キアリスがこれまで歩んできた歴史的を記録に残すために
キアリスガイドを映像化して、その映画を世の中の母親達に見せたい。

そんなすみれの思いは、すぐに実現するべく行動に移されました。

良子の息子の龍一が連れてきたアメリカ帰りのプロカメラマンである
亀田に撮影をお願いしました。

そして、藍を赤ちゃんモデルとした映画の撮影は紀夫が
監督となって始まりました。

そんな中、脚本を任されていた明美は英会話を教わるために
ゆりの元を訪れます。

その頃、潔の家にお世話になっていた栄輔にも映画製作に
協力をお願いします。

一方、映画撮影に熱中しすぎる紀夫に周りは戸惑うのでした。

*********************

ここまでべっぴんさん 24週 134話と135話のネタバレあらすじでした。

ネタバレにあるように、べっぴんさん 24週134話と135話では、
キアリスガイドの映像化に向けてキアリスは動き出します。

キアリスガイドの映像化はどんなものになるのでしょうか。

また、それを製作するにあたり、潔の家にお世話になっている
栄輔にも製作を協力してもらうようお願いするみたいですが、
栄輔はエイスが倒産して、どの様に変化しているのか、
その辺りも非常に気になりますね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓