ゲゲゲの女房最終回156話あらすじと26週ネタバレ結末!151話~最終話

[PR]

NHK朝の連続テレビ小説の82作目”ゲゲゲの女房”は、漫画家の水木しげるさんの妻の武良布枝さんの自伝「ゲゲゲの女房」を原案にドラマ化されたもので、

「ゲゲゲの女房」のドラマ最終回156話の結末ラストシーン完結までのあらすじと、最終週26週1話ごと151話から最終話156話までのあらすじネタバレについて詳しく解説します。

過去シリーズのなかでも人気があり2019年、2024年と再放送されてます。

キャスト紹介⇓⇓

ゲゲゲの女房 キャスト相関図!子役/藍子の現在!窪田正孝,豊川紹介

ゲゲゲの女房 いずみ役結婚相手は?キャスト朝倉えりか現在は?プロフィールと役柄

ゲゲゲの女房 星野源 亡くなる出演回は130話 登場回全話-窪田正孝は何話から?

ゲゲゲの女房 本⇓⇓キンドル オーディオブックでも読めます⇓

ゲゲゲの女房の最終回156話あらすじネタバレ結末ラストシーン完結まで

【第156回/最終回】
昭和61年9月末。秋風が吹き始めたころ、安来から“源兵衛(大杉漣)に関する知らせ”が届く。

布美枝(松下奈緒)、茂(向井理)、藍子、喜子(荒井萌)の4人は、一家そろって安来へと向かう。

飯田家の親族たちが勢ぞろいして、昔のことを懐かしみながら、穏やかな時間を過ごすのだった。

 

 

終幕にて、イカルは布美枝一家が安来へと旅立つのを見送り、「布美枝さん、ミヤコさんをどうかよろしく」と温かく頼む。

その後、仏壇に手を合わせ、「源兵衛さん、布美枝さんと仲良くしてあげてください。彼女の得意とする話題が通じないかもしれませんが」と祈る。

これは、過去の見合いの際の会話を彷彿とさせる。

安来での葬儀後の宴では、娘たちが台所で働きつつ、懐かしい家の香りや昔の記憶に浸る。

「この台所は本当に心地よい」と語り合い、家族の絆を感じさせる。

そして、美しい娘たちと叔母の姿が、喪服を着た美しさを際立たせている。

布美枝は、かつて結婚に反対していた輝子叔母さんに感謝の気持ちを伝える。

そして、しげるの隻手について話し合い、「見合いからわずか5日で結婚式を挙げたことが信じられない」と驚く。

娘たちはこの話に興奮し、「5日で結婚式!?」と驚くが、しげるは「締め切りが迫っていたから」と冗談めかして答える。

子どもたちが集まり、「鬼太郎を描いて!」とせがむと、しげるは楽しそうに描き始めるが、なぜかねずみ男を描いてしまう。

ミヤコは遺影を見て、「お父さんは満足しているよ。普通の人生だったけど、大きな遺産を残したんだ」と語る。

 

そして、故郷の山道で布美枝と茂の2人は…。

翌朝の感動的な終幕では、しげるが彼岸花の咲く石段で絵を描いている。

布美枝は彼のスケッチブックを見ながら、「お父さんは本当に絵が上手ですね」と言う。

しげるは布美枝を見て、「お前がいてくれてよかった」と感謝の意を示す。

そして、二人は森の中を歩きながら、過去の思い出や物語のキャラクターたちと再会する。

最後に、「完」という文字とともに、しげると布美枝が一緒に歩く姿が映し出される。

 

ゲゲゲの女房26週最終週のあらすじネタバレ151話~最終話156話

26週151話あらすじネタバレ

(151話)「ありがとう」 

昭和60年10月。布美枝(松下奈緒)の父・源兵衛(大杉漣)が、脳梗塞で倒れたという知らせが届き、布美枝は1人、安来へと見舞いに向かう。

実家では、床で眠る源兵衛に、ミヤコ(古手川祐子)や兄嫁・邦子(桂亜沙美)たちが、心配そうに付き添っていた。

源兵衛は、自分が倒れたことを東京の布美枝に知らせようとはせず、源兵衛の容体が落ち着くのを待って、家族が布美枝に連絡をしたということだった。

26週152話あらすじネタバレ

(152話)

父の見舞いで帰省した布美枝は、何年かぶりに幼なじみのチヨ子(平岩紙)と会い、それぞれの近況を語り合う。

今は遠く離れていても“故郷の人たちが、自分や家族のことを気遣ってくれている”と感じた布美枝は、その胸に温かいものがこみ上げる思いだった。

兄嫁・邦子が、かいがいしく家事をしてくれる姿に、布美枝は、ありがたみを感じて…。

26週153話あらすじネタバレ

(153話)

調布の村井家を、久しぶりに雄玄社の編集者・北村(加治将樹)が、訪ねてくる。

数年間、文芸誌の編集部に在籍していた北村は、久しぶりに漫画の現場へ復帰することになり「雑誌『週刊少年ランド』に、新しく“鬼太郎”の連載をお願いしたい」と、茂(向井理)に言う。

月刊誌への連載とあわせると、かなりの負担になるため“新しい有能なアシスタントを雇う必要性がある”と、考えた茂たちだったが…。

 

26週154話あらすじネタバレ

(154話)

数多くの人たちのおかげで、今日までなんとかやってこられたことを、あらためて痛感した布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)。

2人は、水木プロダクション設立20周年を記念する謝恩パーティーを開くことを決め、その準備に取りかかる。

盛大な会にするため、招待客のリストアップ、引き出物選び、料理の手配など、家族あげての大仕事が始まる。そしていよいよ、パーティーの当日がやってきて…。

26週155話あらすじネタバレ

水木プロダクション設立20周年記念の謝恩パーティーを無事に終えて、布美枝(松下奈緒)、茂(向井理)、藍子、喜子(荒井萌)は、家へと帰ってくる。

盛況だったパーティーの余韻が残るなかで、一家はあらためて“家族のきずなの尊さ”を感じる。

パーティーの翌日、調布の住人たちをはじめとする、さまざまな人びとが村井家を訪れ、それぞれに“水木プロ20周年”を祝う。

26週最終話156話あらすじネタバレ

昭和61年9月末。秋風が吹き始めたころ、安来から“源兵衛(大杉漣)に関する知らせ”が届く。

布美枝(松下奈緒)、茂(向井理)、藍子、喜子(荒井萌)の4人は、一家そろって安来へと向かう。

飯田家の親族たちが勢ぞろいして、昔のことを懐かしみながら、穏やかな時間を過ごすのだった。

そして、故郷の山道で布美枝と茂の2人は…。

 

・ドラマ前半、後半週間ごとのあらすじネタバレまとめです⇓⇓

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ前半1週〜13週再放送(全話紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

ゲゲゲの女房 本⇓⇓キンドル オーディオブックでも読めます⇓

ゲゲゲの女房 いずみ役結婚相手は?キャスト朝倉えりか現在は?プロフィールと役柄

ゲゲゲの女房 星野源 亡くなる出演回は130話 登場回全話-窪田正孝は何話から?

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧

にぶんのいち夫婦 最新刊完結結末!全巻小説-和真視点

あなたがしてくれなくても結末最新話不倫恋完結はまだ

凪のお暇ネタバレ最新話刊-結末最終巻マデ

いつわりの愛‐契約婚漫画結末!小説ヨリ最後は理人離婚!

復讐の未亡人最終回マデ

血の轍ネタバレ

ギルティ最終回マデドラマ違い【瑠衣の正体と目的

それでも愛を誓いますか最終回全ネタバレ!真山と結ばれる?元サヤに

ミステリと言う勿れ 結末マデ犯人と真相