ゲゲゲの女房 あらすじ 109-110-111-112-113-114話19週倉田といずみの関係は?告白?








スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説の82作目”ゲゲゲの女房”は、漫画家の水木しげるさんの妻の武良布枝さんの自伝「ゲゲゲの女房」を原案にドラマ化されたものです。

 

今回は、2010年8月2日(月)から7日(土)に放送された19週の109話から114話について紹介します。再放送では2019年夕方に2話ずつ放送してます。

 

<ゲゲゲの女房109話のあらすじ>

 

昭和42年初夏。


スポンサーリンク

 

自動車を購入したのにあわせて布美枝は自動車学校に通い始めます。

 

そんなある日、その日の消印までが有効になるある日の午後、倉田は自作漫画を新人コンクールに投稿したがっていましたが、プロダクションが締め切りに追われている状況では自分都合では抜けません。

 

落ち着かない倉田の様子に気付いたいずみは代わりに郵便局へ投函しにいってやります。

 

でも、お礼に金では買えない素敵なものが欲しいといずみから言われた倉田は悩んでしまうのでした。

 

数日後、『少年ランド』の豊川と北村が来て、漫画のイメージソングをつくりたいので『墓場鬼太郎』の作詞をしげるに頼みます。

 

しげるは作詞が苦手ではあったが引き受けてしまいます。

 

一方、北村と菅井は仕事に関係のないいずみに近づくのを牽制しあいます。

 

そんな様子をみて布美枝はいずみに問題がおきない様に注意するのでした。

 

北村より条件が悪い菅井は喫茶店で倉田に自分の気持を明かし相談したのです。

 

しかし、倉田は一人前の仕事ができない人間が求愛などとんでもないと切りすて、その言葉で自らも省みたのです。

 

<110話のあらすじ>

 

北村が原稿をもらって帰ったあと、菅井はまた倉田に相談していると、いずみが来て倉田に投函のお礼を貰っていないと催促したのでした。

 

その時、渡した原稿に倉田の責任のミスが見つかります。

 

またしても、倉田の代わりに差し替え原稿を編集部に届けることになったいずみ。

 

初めてみた編集部の活気に心奪われたいずみは加納にも会います。

 

いずみは、女性でありながら颯爽と働く加納の姿にも憧れてしまったのでした。

 

プロダクションに戻って興奮気味に布美枝に話すいずみは、父からいずみの見合い話を進めている電話があったことを伝えられます。

 

それに猛反発するいずみでしたが、好きな男でもいるわけでもありませんでした。

 

いずみは女性も外に出て働く時代だと言い、布美枝は古いタイプの女性だと言います。

 

いずみの心配と自らのショックを相談しようと仕事場を覗いた布美枝でしたが、しげるが仕事に追われて忙しそうにしている姿を見て何も言えなくなります。

 

<111話のあらすじ>

 

新人漫画賞の結果が発表さますが、倉田の自信とは裏腹に佳作にすぎませんでした。

 

大賞受賞者しかデビューさせてもらえないので倉田は激しく落ち込みます。

 

倉田の実家への仕送りはアシスタントの給料では苦しかったし、大賞受賞者しかデビューさせてもらえなかったのです。

 

そんな時、かかってきた電話をいずみが受けると実家の父親でした。

 

父親の源兵衛はいずみに帰郷して見合いをするようしつこく言ってきていたのです。

 

布美枝はいずみの本心を聞き出して応援しようとします。

 

もしかしたら倉田のことかもと思いますが確かめる術もありませんでした。

 

いずみは倉田に投函のお礼がまだだと催促しますが、まだお礼を準備できていないと倉田は煮え切りません。

 

そこで、いずみは自分に見合いの話が持ち上がっていると倉田に鎌をかけますが、結婚祝いも一緒にと期待外れの答えしか返してくれません。

 

しかし、倉田の内心は新人漫画賞の大賞受賞のニュースを最初にいずみに知らせることが、金では買えない素敵な贈り物だと思っていたのでした。

 

数日後、布美枝がいずみに本心を聞き出そうと話をはじめた時に、浦木が『ゼタ』が窮地に立たされているという噂話を持ち込んできました。

 

<112話のあらすじ>

 

浦木によると、雄玄社が『ゼタ』ごと大手の成田出版に吸収合併されるというもので、社長の深沢は、そのまま成田出版の編集長に横滑りで就くとのだと言います。

 

成田出版は『ゼタ』を支持する大学生などの青年層を取り込むのが目的らしいのでした。

 

金儲けのチャンスがあると睨んだ浦木は、しげるから詳しく話を聞こうとするが知らぬふりをされてしまいます。

 

合併計画が順調に進む中で、小さな仕事しかできずにくすぶっていた加納は大手との合併を見越しての新規企画を立ち上げてやる気を取り戻していました。

 

新人漫画賞の締切りを3日後に控えたある日、倉田はしげるに作品の体裁を整える方法を教えてもらおうとします。

 

しかし、しげるは作家としての心構え以外は何も教えてはくれませんでした。

 

そんな倉田をいずみは心配しますがどうする事もできません。

 

その夜、しげるは頼まれていた鬼太郎のテーマ曲の作詞を完成させます。

 

真っ先にみせられた布美枝は、以外に愉快で面白い歌詞がたちまち気に入ってしまいます。


スポンサーリンク

 

しばらくして、曲も付けられます。

 

完成した主題歌を持って豊川と船山がテレビ局を回ると、歌の面白さも手伝ってテレビ化の企画が進みだしたのでした。

 

しかし、相変わらず『墓場鬼太郎』と云うタイトルがネックでスポンサーがつきません。

 

そこで、新たにタイトルを練りなおした結果、『ゲゲゲの鬼太郎』に決定したのでした。

 

その夜、傷だらけの深沢が村井家の玄関に倒れ込んできました。

 

<113話のあらすじ>

 

怪我をした深沢は、成田出版と雄玄社との合併が破談になったと話し始めます。

 

大手出版が欲しかったのは、『ゼタ』でも深沢でもなくしげるらの人気作家だったのでした。

 

深沢は自分の無名作家発掘と云う理念を否定されて話を打ち切ってしまいました。

 

大きなチャンスを台無しにしてしまった深沢に秘書の加納郁子とうとう愛想を尽かして辞めたと言います。

 

それで自暴自棄になって酒を呑んでいたときに、漫画を愚弄する男と口論から喧嘩になったのでした。

 

深沢は一緒に仕事を始めた郁子との意思がずれ始めたのき気付きながら対策を講じなかったことを後悔していました。

 

そして、自分の志ばかりを優先させてしまったのでした。

 

その話を聞いて布美枝は郁子も深沢と同じように自分の志を優先させたのだと思い、その始終をいずみに伝えたのです。

 

いずみも自分に何ができるかどうすべきかを考え直します。

 

いずみは想いを寄せる倉田には立派な漫画家になってもらうことを優先してもらうために、自分は実家に帰る事を決心したのでした。

 

8月下旬になっていずみが実家に帰る日がやってきます。

 

みんなに見送られて布美枝が運転する車で出発しようとしていたところに、倉田が息を切らして駆け寄ってきました。

 

倉田は、いずみとの約束のプレゼントとして、優しい笑顔のいずみの水彩肖像画を描き上げていたのです。

 

一瞬、涙ぐんだいずみでしたが、笑顔で倉田に別れを告げたのでした。

 

<114話のあらすじ>

 

昭和43年の年明けに始まった『ゲゲゲの鬼太郎』のテレビ放送は大ヒットしました。

 

しげるは更に忙しくなり漫画を描く以外にも取材なども増えていったのです。

 

その頃になると、弟の光男もマネージャーとしてしげるの元にきていました。

 

そんな時に、しげるの両親が東京で暮らしたいと言い出したのです。

 

一方で、倉田は投稿漫画でとうとう新人大賞を獲得したのでした。

 

しげるは、デビューした後もアシスタントを続けるつもりだった倉田に独立を勧めます。

 

そのタイミングに合わせて小峰も一緒にプロダクションを辞めることになります。

 

小峰は日本中を旅すると云う自分の想を実行する潮時だと判断したのでした。

 

残るのは頼りない菅井だけとなってしまいます。

 

ある日の夜、しげるは自宅の改築図を描いていました。

 

しげるは両親を引き取るために家を改築することを考えていたのです。

 

あらためて両親の世話をしげるから頼まれた布美枝でしたが、了解するしかありませんでした。

 

でも、布美枝はしげるが自分を信頼してくれているから両親の世話を頼んできたことを嬉しく思うのでした。

 

<19週の感想>

 

『鬼太郎』のテレビ化は放送が決まる前にテーマ曲が決まっていたんですね!?

 

しかも、作詞が水木しげる本人だったことは意外に知られていないことなのかも知れません。

 

一方、雄玄社の深沢は自分の掲げた理念のために多くを失ってしまいました。

 

夢を追いかけることは大切なことですが、時には妥協も必要だと云うことを教えられた気がしますね!?

 

それを反面教師にしたのがいずみでした。

 

自分の望みより相手の夢を優先させるなんて中々できることじゃないですよね!?

 

それにしても村井家は人の出入りが激しいですね!?

 

いずみと倉田と小峰が去って、しげるの弟の光男と両親がやってくる。

 

人数的には変わりませんが、水木プロダクションはちゃんと機能するのかが心配ですね!?

 

【コロナウイルスで外出できない!】子供も家にいる!どうしよう(-_-;)
アニメ・映画見放題!マスカレードホテル/鬼滅の刃 全話/ドラゴンボール「映画」がみれました!
家にいながら適切な値段でほしいものが買えて送料無料で翌日配送してもらいました!!
アマゾンプライム会員になるとお得に買い物やアニメ見放題に!今だと30日無料お試しでできて、
解約もすぐ簡単にできます⇒ ≫アマゾンプライム会員に無料で申し込んでみる
※映画・アニメと送料無料・翌日配送が30日間お試しできます!
スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク