ゲゲゲの女房 キャスト 子役相関図!子役/藍子の現在!窪田正孝,豊川紹介

ゲゲゲの女房
[PR]

ゲゲゲの女房 キャスト一覧 相関図 子役や一覧図やキャストの現在は何かに出演してるの?内容です。

ゲゲゲの女房は、2010年3月29日~9月25日まで放送されていた朝ドラで、全156回の放送でした。

2019年6月17日(月)から毎週月曜~金曜にNHK総合で現在も再放送されています。

時間は午後4時20分~午後4時50分で1日2回ずつ放送。

今回は、朝ドラ『ゲゲゲの女房』のキャスト一覧 相関図を子役から星野源さん、窪田正孝さん
が演じた役や、登場回、豊川役をした方について気になる現在はどういった活動してるかまで紹介したいと思います。

ゲゲゲの女房 子役(現在は?)から星野源さん、窪田正孝さんまでのキャスト一覧 相関図

************************

【ヒロインと夫】

飯田布美枝・・・松下奈緒


(引用元:http://www.matsushita-nao.com/)

生年月日 1985年2月8日(34歳)
出身地 兵庫県川西市
身長 174 cm
血液型 AB型
職業 女優
事務所 ジェイアイプロモーション

松下奈緒さんは、3歳でピアノを始め、音楽大学に進学しています。

2004年に、ドラマ『仔犬のワルツ』で女優デビューすると、ドラマ、映画、
CMと幅広く活躍。

2010年には朝ドラ『ゲゲゲの女房』のヒロインを演じると、同年の『第61回
NHK紅白歌合戦』で赤組の司会を務めました。

朝ドラには、『ゲゲゲの女房』が初出演で、2018年に放送された『まんぷく』
にも出演されました。

松下奈緒さんがキャストに選ばれた飯田布美枝は、昭和7年に島根県安来市に
生まれます。

9人という大家族・飯田家の3女。

おっとり&ぼんやりした性格ですが、いざとなると開き直って覚悟が決まる
タイプ。

どんな窮状になっても、「なんとかなるさ」と思うおおらかさを合わせ持ちます。

女性としては背が高すぎることがコンプレックス。

昭和36年、故郷にいたままの29歳にして、村井茂と見合いで出会い、5日後に
スピード結婚をして、すぐに上京します。

しかし、調布に暮らしていた当時の茂は、原稿も売れず、極貧の生活を
していました。

話が違うと思いながらも、持ち前のバイタリティーで、茂を支えます。

歌と踊りが大好きで、気づくと故郷安来の「安来節」をくちずさんだり、歌に
あわせて踊ったりしています。

ヒロイン7歳・・・菊池和澄さん 現在は?藍子役で再登場


(引用元:http://www.anore.co.jp/asumi_kikuchi/)

生年月日 1999年1月10日(20歳)
出身地 茨城県
身長 150 cm
職業 女優
事務所 アノレ

菊池和澄さんは、アミューズを経て、2018年9月よりアノレに所属。

最近では、2019年4月から放送された日テレ系のドラマ『俺のスカート、どこ
行った?』に出演されていました。

朝ドラには、初出演でした。

画像

俺すかの菊池和澄さん↓

画像

ゲゲゲの女房の時の菊池和澄さん↓変わってなく可愛いですね(≧◇≦)

画像

松下奈緒さん演じるヒロイン・布美枝の7歳のころを演じた菊池和澄さんは、布美枝の9歳の長女・藍子役で再登場します。

 

ヒロイン10歳・・・佐藤未来さん 現在は?


(引用元:http://www.moon-the-child.com/profile/photo/sato-miku1102-1.jpg)

生年月日 1998年1月1日(21歳)
出身地 埼玉県
身長 153 cm
血液型 A型
職業 元子役

佐藤未来さんは、ムーン・ザ・チャイルドに所属して子役として活躍されて
いましたが、現在は活動していないようです。

夫・漫画家”水木しげる”・・・向井理


(引用元:http://www.horiagency.co.jp/talent/mukai/index.html)

生年月日 1982年2月7日(37歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 182 cm
血液型 O型
職業 俳優
事務所 ホリエージェンシー

向井理さんは、2006年TBS系の『白夜行』でドラマデビュー後、多くの
ドラマや映画、舞台に出演。

神の舌を持つ男』や『S-最後の警官-』、『いつまた、君と〜何日君
再来〜』など出演作は多数あります。

朝ドラには、『ゲゲゲの女房』が初出演で、2016年に放送された『とと姉ちゃん』
にも出演されました。

向井理さんがキャストに選ばれた村井茂は、大正11年生まれ。

鳥取県境港で幼少期を過ごし、幼い頃からの画才を生かして、紙芝居作家、
貸本漫画家を経て、のちに『ゲゲゲの鬼太郎』を代表作とする漫画家として
一世を風靡。

39歳のとき、故郷で見合いをした10歳年下の飯田布美枝と結婚し、2人の
女の子をもうけます。

規格外の独特のルールで生きているところがあり、好きなことだけに熱中する
タイプ。

男としては硬派だが、寝坊食いしん坊でマイペースな性格をしています。

青年期に太平洋戦争に従軍、南方で爆撃により左腕を失っています。

【ヒロインの家族たち】

布美枝の父・飯田源兵衛・・・大杉漣


(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070120_00000)

生年月日 1951年9月27日
没年月日 2018年2月21日(66歳没)
出身地 徳島県小松島市
身長 178 cm
血液型 B型
職業 俳優
事務所 ザッコ

大杉漣さんは、映画からNHK大河ドラマ、NHK連続テレビ小説、2時間
ドラマ、Vシネマ、インディーズ、ドキュメンタリーのナレーション、
バラエティー番組をはじめ、アジア圏の外国映画や内外合作映画にまで、
各ジャンルに出演。

大杉漣さんの出演された本数も多く、バイプレイヤーの代表格として極めて
精力的な活動を行っていました。

2018年2月20日深夜、主演ドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東
朝ドラで無人島生活したら〜』ロケのため滞在していた千葉県富津市内の
ホテルで腹痛を起こし、翌日の午前3時53分に急性心不全のため亡くなりました。

大杉漣さんがキャストに選ばれた飯田源兵衛は、代々続く商家の家長。

豪放磊落でワンマンタイプ。

男気があり、裏表のない人物で、周囲からの信頼は厚い人物です。

旺盛な事業欲をもっており、様々な仕事に手を出しては家族を振り回します。

強権発動もしますが、父として子ども達を思う気持ちは強い。

茂の人間性を見込んで、布美枝と茂の見合い話を推し進めようとします。

布美枝の母・飯田ミヤコ・・・古手川祐子


(引用元:https://www.ateam-japan.com/ateam/kotegawa/)

生年月日 1959年7月16日(60歳)
出身地 大分県大分市
身長 158 cm
血液型 B型
職業 女優
事務所 エーチーム

小手川裕子さんは、1976年8月2日、東宝とカネボウ化粧品の共催で芸術座にて
開催された、三浦友和の相手役を選ぶ「ミス・サラダガール・コンテスト」全国
大会において1位となり、東宝芸能へ入社し、カネボウのCMに出演、三浦が
主演する『星と嵐』で映画デビュー。

朝ドラには、1978年の『おていちゃん』以来、2作目の出演となりました。

小手川裕子さんがキャストに選ばれた飯田ミヤコは、夫の源兵衛に決して逆らう
ことのない、優しく穏やかな女性。

我慢強く、何事にも不平を言わず、源兵衛から数歩下がったところから家族
ひとりひとりを愛情深く見守っています。

源兵衛と子ども達の間にトラブルが起こっても、取り乱さずに解決の時が
来るのを待ちます。

リウマチを患いながら、勤勉に家事をこなす人物です。

布美枝の祖母・飯田登志、語り・・・野際陽子


(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070184_00000)

生年月日 1936年1月24日
没年月日 2017年6月13日(81歳没)
出身地 石川県河北郡津幡町
身長 163 cm
血液型 A型
職業 女優、アナウンサー、司会者、歌手、ナレーター、声優

野際陽子さんは、1958年(昭和33年)にNHKにアナウンサーとして入局し、
1960年(昭和35年)にNHK東京放送局に赴任。

NHKのアナウンサーとして朝の情報番組『おはようみなさん』などで司会を
務め、フリーアナウンサーを経て、1963年(昭和38年)に女優としてデビュー

1968年(昭和43年)から放送されたTBS系の『キーハンター』に出演し、最先端の
ファッションやアクション演技で人気を集めました。

また、1992年(平成4年)に放送されたTBS系の『ずっとあなたが好きだった
では、息子を溺愛する姑の役を演じ、「冬彦さん」という流行語も生まれました。

野際陽子さんは、2014年(平成26年)に初期の肺腺癌と診断され手術しましたが、
翌年に再発したため、再手術で腫瘍摘出手術を行っていました。

2016年(平成28年)秋からはドラマ『やすらぎの郷』の撮影に参加していましたが、
再び癌が再発。

体調が日に日に悪化する中、野際はそれを周囲に隠しながら2017年(平成29年)
5月7日まで撮影を続行し、代役の効かない重要なシーンをすべて撮り終えました。

しかし翌5月8日、肺炎を併発して入院し、それ以降、容態は回復すること
なく、1か月後の6月13日午前8時5分、娘の真瀬らと事務所スタッフに
看取られ、肺腺癌のため東京都内の病院で、81歳で亡くなりました。

野際陽子さんの遺作は、テレビドラマでは『やすらぎの郷』が、映画では
『いつまた、君と〜何日君再来〜』(2017年6月24日公開)です。

野際陽子さんがキャストに選ばれた飯田登志は、飯田家の実権を握っている
偉大なる祖母。

飯田家に嫁いで、夫を亡くしたのち商家の仕事を一から学んだ努力の人。

様々な事業に食指を動かす源兵衛を時にたしなめ、飯田家を無事に存続させる
ことを常に心がけています。

コンプレックスをもつ布美枝に、人生の指針を与え、魅力的な民話や神話を
話して聞かせます。

布美枝の叔母・宇野輝子・・・有森也実


(引用元:http://www.spacecraft.co.jp/arimori/)

生年月日 1967年12月10日(51歳)
出身地 神奈川県横浜市
血液型 O型
職業 女優
事務所 スペースクラフト・エンタテインメント

有森也実さんは、中学3年生の時に、ティーン向けファッション誌の専属モデル
としてキャリアをスタート。

1985年(昭和61年)、映画『星空のむこうの国』で女優としてデビューし、主役に抜てきされた『キネマの天地』(1986年)ではブルーリボン新人賞と日本
アカデミー賞新人俳優賞を受賞

その後、フジテレビ系のドラマ『東京ラブストーリー』(1991年)やTBS系の
『HOTEL』(1994年)でも活躍するほか、火曜サスペンス劇場など2時間ドラマに
多数出演。

先日放送されたフジテレビ系のドラマ『
監察医 朝顔』第7話に出演され、28年
ぶりの月9出演と話題になりました。

朝ドラには、1999年の『あすか』以来、2作目の出演です。

有森也実さんがキャストに選ばれた宇野輝子は、布美枝の母方の叔母。

安来港の魚問屋に嫁ぎ、商いに励む毎日を送っています。

引っ込み思案で目立たない布美枝のことを可愛く思い、いつも愛情を注いでいます。

からりと爽やかな輝子は、布美枝にとって愛しい存在。

ミヤコとは対照的に、時に源兵衛に対して布美枝のために意見を言うこともある。

布美枝の姉・飯田ユキエ・・・足立梨花


(引用元:https://www.horipro.co.jp/adachirika/)

生年月日 1992年10月16日(27歳)
出身地 長崎県生まれ、三重県育ち
身長 163 cm
血液型 A型
職業 女優、バラエティータレント
事務所 ホリプロ

足立梨花さんは、2007年、中学3年生の時に第32回『ホリプロタレントスカウト
キャラバン』に父の推薦で応募して、5万1923人の中からグランプリ
選ばれました。

2009年7月、NHKドラマ『ふたつのスピカ』の宇宙飛行士を目指す高校生・
宇喜多万里香役の出演をきっかけに、『日本宇宙少年団宣伝キャプテン』に
就任。

TBS系の『アッコにおまかせ!』、日本テレビ『あのニュースで得する人
損する人』などのバラエティー番組にも出演しました。

朝ドラには、『ゲゲゲの女房』が初出演となりましたが、その後2013年の
『あまちゃん』にも出演されました。

足立梨花さんがキャストに選ばれた飯田ユキエは布美枝の姉。

幼い頃は、消極的な布美枝とは対照的に、厳しい父に反発して自由な人生への
憧れを募らせ、奔放な振る舞いをしていました。

結婚した後は、平凡ではありますが幸せな暮らしに心満ち足りて、日々を
過ごしています。

妹の布美枝のことをいつも気にかけ、彼女が幸せになることを願っています。

布美枝の兄嫁・飯田邦子・・・桂亜沙美


(引用元:http://www.queens-ave.com/talent/asami-katsura/)

生年月日 1984年6月12日(35歳)
出身地 滋賀県草津市
身長 165 cm
血液型 A型
職業 タレント
事務所 クィーンズアベニュー

桂亜沙美さんは、日テレ系の『ごくせん』(2002年)や、TBS系の『ドラゴン
桜』(2005年)、最近では2014年に放送された日テレ系の『花咲舞が黙ってない』
などに出演されています。

朝ドラには、初出演でした。

桂亜沙美さんがキャストに選ばれた飯田邦子は布美枝の兄・哲也の妻。

朗らかで優しい女性ですが、布美枝にとっては自分が未婚で実家にいることの
ひそかなプレッシャーの種になっています。

歌が上手く、布美枝とのハーモニーは完璧。

布美枝の弟・飯田貴司・・・星野源


(引用元:https://www.asmart.jp/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&cat=100153)

生年月日 1981年1月28日(38歳)
出身地 埼玉県
身長 168 cm
血液型 AB型
職業 音楽家、俳優、文筆家
事務所 大人計画(俳優業)、アミューズ(音楽業)

星野源さんは、2000年にバンドSAKEROCKを結成。

2010年に1stアルバム『ばかのうた』にてソロデビューを果たし、2016年10月
にリリースしたシングル『』は、自身も出演したTBS系のドラマ『逃げるは
恥だが役に立つ』の主題歌として社会現象とも呼べる大ヒットを記録

2018年には、朝ドラ『半分、青い。』の主題歌『アイデア』を歌い、大ヒット
を記録しました。

俳優としては、TBS系のドラマ『コウノドリ』シリーズや、2016年の大河
ドラマ『真田丸』など、出演作は多数あります。

また、アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』(2017年)では、声優
として初主演を務め、アニメ映画『未来のミライ』(2018年)にも出演。

また、作家として著書『蘇える変態』、『働く男』、『そして生活はつづく』、
『星野源雑談集1』、『いのちの車窓から』を刊行。

2017年3月には第9回伊丹十三賞を受賞。

星野源さんがキャストに選ばれた飯田貴司は飯田家の次男で、布美枝の弟。

家業を手伝っています。

布美枝と仲の良い、心を許せる可愛い存在。登場回や亡くなる回はこちらを要チェック↓↓

ゲゲゲの女房 星野源 亡くなる出演回・登場回と窪田正孝は何話から登場か全紹介!

 

豊川悟 – 眞島秀和さん 現在は?

画像・写真 「ゲゲゲの女房」新展開に向け新キャスト7人が発表 ...
生年月日 1976年11月13日(42歳)
出生地 日本の旗 日本山形県米沢市[1]
身長 180 cm[2]
血液型 O型

※第15週 に登場

 

役柄:大手出版社・雄玄社(講談社がモデル)にて漫画雑誌「週刊少年ランド」(「週刊少年マガジン」がモデル)の出版に携わる編集者。

最初宇宙ものの執筆を茂に依頼するが茂に断られ、再度「テレビより面白い作品」を茂に依頼し、茂が漫画賞を受賞する「テレビくん」を世に出すきっかけを作った。水木漫画の採用と前後して編集長に就任し旧知の船山と共に水木漫画の映像化を目指した。

モデルは1965年に「週刊少年マガジン」3代目の編集長に就任した内田勝

現在も役者さんとして活躍中!

  • 東野圭吾「片想い」 第2話・第3話(2017年10月28日・11月4日) – 広川幸夫 役
  • ダブル・ファンタジー(2018年6月16日 – 7月14日) – 高遠省吾 役
  • 盗まれた顔 〜ミアタリ捜査班〜(2019年1月5日 – 2月2日) – 大牟田 役
  • 坂の途中の家(2019年4月27日 – 6月1日) – 安藤寿士 役
  • 赤い雪 Red Snow(2019年2月1日) – 白川博史 役
  • 劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜(2019年8月23日) – 武川政宗 役
  • 蜜蜂と遠雷(2019年10月4日) – ピアノ調律師 役

あのおっさんずラブにも出てたんですね!知らなかったです(;’∀’)

 

村井 絹代/竹下 景子

名字帯刀を許された旧家の生まれ。気丈で、常にきりりとした気持ちを失うことなく生きている力強い女性。頼りない夫と三人の男の子をかかえながら、逞しくエネルギッシュに暮らしている。何事にもめげず、誇りを失わず、どんな時でも言いたいことを言うパワフルな母親だが、子供たちを思う気持ちはとことん熱い。

田中 美智子/松坂 慶子

田中 美智子/松坂 慶子

東京都調布市の貸し本屋「こみち書房」の女主人。戦争で体を悪くした夫と姑と同居しながら、明るく元気に店を切り盛りしている。彼女の人柄を慕って、地方から上京してきた孤独な若者たちが「こみち書房」に集ってくる。貧しく暮らす布美枝と茂にとってのいちばんの味方であり、暖かい陽だまりのような存在である。

飯田 登志/野際 陽子

飯田 登志/野際 陽子

飯田家の実権を握っている偉大なる祖母。飯田家に嫁いで、夫を亡くしたのち商家の仕事を一から学んだ努力の人。さまざまな事業に食指を動かす源兵衛を時にたしなめ、飯田家を無事に存続させることを常に心がけている。コンプレックスを持つ布美枝に、人生の指針を与え、魅力的な民話や神話を話して聞かせる。

飯田 源兵衛/大杉 漣

飯田 源兵衛/大杉 漣

代々続く商家の家長。豪放磊落でワンマンタイプ。男気があり、裏表の無い人物で、周囲からの信頼は厚い。 旺盛な事業欲をもっており、さまざまな仕事に手を出しては家族を振り回す。 強権発動もするが、父として子供たちを思う気持ちは強い。茂の人間性を見込んで、布美枝と茂の見合い話を推し進めようとする。

大杉漣の「漣」は、Web環境で表示ができないため「漣」と表記しておりますが 公式の表記では「漣」の「しんにょう」の点が二つになります。

村井 修平/風間 杜夫

村井 修平/風間 杜夫

「なんとかなる主義」を体現する人物。郷里で初めて東京の大学に進学したというインテリだが、ひとつの仕事に定着せず、流れに任せた自由な生き方をしてきた。文学や演劇を好み、仕事にあくせくするよりも好きな芝居を見ることに人生の大半を費やす。平和主義者で誰にでも好かれる。茂の才能を早くから見抜いていた。

飯田ミヤコ/古手川 祐子

飯田ミヤコ/古手川 祐子

夫の源兵衛にけして逆らうことのない、優しくおだやかな女性。我慢強く、何事にも不平を言わず、源兵衛から数歩下がったところから家族ひとりひとりの間にトラブルが起こっても、取り乱さずに解決の時が来るのを待つ。 リューマチを患いながら、勤勉に家事をこなしている

宇野 輝子/有森 也実

宇野 輝子/有森 也実

布美枝の母方の叔母(ミヤコの妹)。安来港の魚問屋に嫁ぎ、商いに励む毎日を送っている。引っ込み思案で目立たない布美枝のことを可愛く思い、いつも愛情を注いでいた。からりと爽やかな輝子は、布美枝にとって愛しい存在である。ミヤコとは対照的に、時に源兵衛にたいして布美枝のために意見を言うこともある。

深沢 洋一/村上 弘明

深沢 洋一/村上 弘明

山っ気のある無頼派の編集者。金儲けよりも芸術性や面白さを重視し、漫画家の作家性を何よりも尊重する。 水木しげるを初めとする新しい才能を次々と発掘していき、マンガの新しい潮流を生み出す。 深沢がいなければ、今のマンガ文化はなかったといわれる人物。ただし、金儲けの欲がなく、会社は常に貧乏である。

浦木 克夫/杉浦 太陽

浦木 克夫/杉浦 太陽

茂の同郷の友。いつも抜け目なく立ち回っては金儲けをしようと考えている。 茂にも怪しげな儲け話をもちかけては何かと騒動に巻き込むが、平気で姿をくらましたりしてしまう。 悪気があるのかないのか判然としない男だが、その憎めないキャラクターで、布美枝も茂も結局は笑って許してしまう。 「ねずみ男」をモデルとした人物。

河合 はるこ/南 明奈

河合 はるこ/南 明奈

少女漫画家の卵。子供のころからマンガが大好き。母子ものやバレエマンガなどの少女向けマンガを描いているが、水木しげるの作品に衝撃を受け、熱烈なファンになる。メジャー紙へのデビューを夢見ながら、努力を重ねている。

横山 ユキエ/星野 真里

横山 ユキエ/星野 真里

布美枝の姉。幼いころは、消極的な布美枝とは対照的に、厳しい父に反発して自由な人生への憧れを募らせ、奔放な振る舞いをしていた。結婚したのちは、平凡ではあるが幸せな暮らしに心満ち足りて、日々を過ごしている。妹の布美枝のことをいつも気にかけ、彼女が幸せになることを願っている。

戌井 慎二/梶原 善

戌井 慎二/梶原 善

売れないマンガ家。 茂の才能に惚れ込み、彼の作品を世に出すために零細出版社を立ち上げ、奔走する。 茂が不遇だった時の、最初の彼の理解者のひとり。マンガを心から愛する熱血漢。

小林 太一/鈴木 裕樹

小林 太一/鈴木 裕樹

「こみち書房」に客として通ってくる青年。中学卒業後、集団就職で岩手から上京してきた。 なまりが抜けないことを気にして寡黙であるため、他人からなかなか理解してもらえない。 同僚の女性に片思いをしている。水木しげるのマンガに魅力を感じ、布美枝が茂の世界を理解するきっかけを作る存在でもある。

村井 雄一/大倉 孝二

村井 雄一/大倉 孝二

東京で会社勤めをしていたが、勤務先が倒産したため、職探しの日々を送っている。茂と布美枝が暮らす調布の家に風呂をもらいにやって来たりと、悪気はないが素っ頓狂な行動をすることも。ユーモアと個性にあふれた好人物。

野村 チヨ子/平岩 紙

野村 チヨ子/平岩 紙

布美枝の郷里の幼なじみ。小さかったころから、引っ込み思案の布美枝のことをいつも助けつつ、ともに大人になった。布美枝の無二の親友。

飯田 邦子/桂 亜沙美

飯田 邦子/桂 亜沙美

布美枝の兄・哲也の妻。朗らかで優しい女性だが、布美枝にとっては自分が未婚で実家にいることのひそかなプレッシャーの種に。 歌が上手く、布美枝とのハーモニーは完璧。

飯田 貴司/星野 源

飯田 貴司/星野 源

飯田家の次男で、布美枝の弟。家業を手伝っている。布美枝と仲の良い、心を許せる可愛い存在。

村井 佐知子/愛華 みれ

村井 佐知子/愛華 みれ

雄一の妻。あっけらかんと明るく、夫である雄一の素っ頓狂な振る舞いにたいし、違和感をおぼえることがない。 笑顔を絶やさない、根っから朗らかな性格の女性。

富田 盛夫/うじき つよし

富田 盛夫/うじき つよし

貸本出版社の経営者。経営難に苦しんでおり、茂の作品を「売れそうにもないマンガ」と断定し、茂にたいして商業主義を押し付ける。思い通りに物事が進まないことに、いつも頭を悩ませている。

亀田 達吉/徳井 優

亀田 達吉/徳井 優

調布の質屋。商売には厳しいが、他人思いの一面も持ち合わせている。 貧乏を極めた暮らしを送っていた茂を、家計面で助けた人物である。

田中 キヨ/佐々木 すみ江

田中 キヨ/佐々木 すみ江

リューマチをわずらう高齢の身だが、かくしゃくとして、気持ちの張りを失わないでいる。 息子のことを心配しつつ、叱る時には言葉を選ばない厳しさを持つ。

田中 政志/光石 研

田中 政志/光石 研

美智子の夫。戦時中の出征先での体験がもとで、積極的に生きる意欲を失ってしまっている。 競馬に金を使う毎日だが、水木しげるの才能に感嘆する一面も。

村井 光男/永岡 佑

村井 光男/永岡 佑

茂の弟。とぼけた味の雄一とは対照的に、明るくて、可愛げのある、兄思いのキャラクターである。

飯田 いずみ/朝倉 えりか

飯田 いずみ/朝倉 えりか

布美枝の妹。活発で明るく、いつも元気一杯。テニスに夢中な青春を送っている。

飯田 哲也/大下 源一郎

飯田 哲也/大下 源一郎

布美枝の兄。師範学校を卒業し、中学校の教師になる。真面目で、実直な性格の持ち主。

*****************

ここまでが、朝ドラ『ゲゲゲの女房』のキャスト一覧 相関図 子役から星野源さん
が演じた役までについての紹介でした。

ゲゲゲの女房には、大杉漣さんや野際陽子さんなど、今は亡き有名俳優が出演
されていました。

特に大杉漣さんの源兵衛役には、泣かされたことが多々あったのを今でも
覚えています。

そして、足立梨花さんや星野源さんなど、当時はあまり有名ではなかった
俳優さんも出演されているので、若かりし頃の演技を見ることが出来るのは
嬉しいですね。

【朝ドラゲゲゲの女房を詳しくじっくりみたい方におすすめ動画配信サービス】

≫朝ドラ*大河のどうしてもみたい回を見逃した人は無料31日間で他ドラマや雑誌-漫画も見れる動画配信サービス「ユーネクスト」はこちら
詳しくユーネクストについて知りたい!他の有名動画サービスと徹底比較!実際に登録-無料期間で解約してみた方法はこちら

 

▼ゲゲゲの女房のあらすじネタバレが気になる方はこっちから一気に読みをどうぞ↓↓

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ前半1週〜13週再放送【全話紹介!簡単にネタバレ

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ後半14週〜26週再放送全週簡単に


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧