虎に翼ネタバレあらすじ5週直言が逮捕!花岡の協力!朝ドラとらつば

[PR]

今回は朝ドラ『虎に翼』の5週あらすじネタバレを紹介していきます。5週タイトル「朝雨は女の腕まくり?」

「虎に翼」は女性初の弁護士・三淵嘉子さんをモデルにしています。⇒モデル三淵嘉子の家系図!夫,息子,再婚相手旦那や子孫,家族子供生涯

2024年4月1日からドラマ1週1話から開始されます。

虎に翼ネタバレあらすじ5週直言が逮捕!花岡の協力 朝ドラとらつば

虎に翼 ネタバレ5週あらすじ要点

ドラマ「虎に翼」第5週のエピソード概要

  1. 猪爪家が法執行機関による家宅捜査を受けた後、花岡と穂高が訪れました。穂高が直言の弁護を担当することが決まり、寅子は大学に戻り友人たちから励ましの言葉をもらいました。
  2. 共亜事件により内閣が総辞職し、四ヶ月後の予審の勾留期間終了後、直言は起訴され自宅に戻りました。
  3. 直言は偽証を強要されたことを認め、穂高は直言の無罪を訴えることを決定しました。
  4. 昭和11年(1936年)1月に第一回の公判が開始され、100回以上の公判の後、直言の無罪判決が下されました。
  5. 検察側が控訴を断念し、直言の無罪が確定しました。その後、寅子は判決文を書いた桂場に礼を述べるために訪れました。

 

ドラマ「虎に翼」第5週のネタバレ詳細あらすじ

「虎に翼」の第5週は、寅子(演じる伊藤沙莉)の父、直言(演じる岡部たかし)が贈賄罪で逮捕された後の物語が展開します。この週のエピソードは、「朝雨は女の腕まくり?」と題されています1

直言が逮捕されてから4ヶ月が経ち、予審が終わり、直言を含む16人全員が裁判にかけられることが新聞で報じられました。その記事には「猪爪直言は贈賄罪で起訴。罪を自白した」と書かれており、寅子たち家族は衝撃を受けます。

その後、直言は家に帰ってきますが、疲れ果てた様子で、「とんでもないことをしてしまった。すまないっ!」と深々と謝罪します。しかし、直言の弁護を引き受ける穂高教授(演じる小林薫)が何を聞いても、「私がやりました」としか言わないのでした。

そこで穂高教授の指示を受けた寅子は、父・直言の証言が正しいのか裏取りを始めます。大学の友人たちや家族の協力を得て調査を進めた結果、直言の証言には矛盾があることが明らかになります。その事実を示して直言に迫ると、直言は嘘の証言を強要されたことを認めました。

しかし、直言は裁判で無罪を争う気力をすっかり失ってしまいます。それでも寅子は諦めず、「法は正しい者を守るものだって私は信じたいんです。どうかお力を貸してください!」と弁護士たちに訴えます。寅子の訴えに応えて、多くの弁護士たちが力を貸すことを決めます。

その後も寅子は新聞記者に自ら声をかけ取材に答えるなど、積極的に動いていました。そんなある日、花岡と二人で署名運動をしていたところ、見知らぬ男に襲われそうになります。その時、記者の竹中次郎(演じる高橋努)が現れて寅子を助けます。

そしてついに、長期にわたる公判が結審となり、16人全員が無罪となりました。裁判長は判決文を読み上げ、「本件において警察側が主張するままに試験の背景を組み立てんとしたことは、あたかも水中に月影をすくい上げようとするかのごとし。

すなわち、本件判決は証拠不十分によるものではなく、犯罪の事実そのものが存在しないと認めるものである」と述べました。

この判決を受けて、寅子は裁判官・桂場等一郎にお礼を伝えに向かったのでした。

 

 

このように、「虎に翼」の第5週は、寅子が父・直言の無罪を勝ち取るための奮闘を描いたエピソードとなっています。

虎に翼 ネタバレ6週あらすじ高等試験不合格,花岡ランチデート!優三諦める

 

◆朝ドラガイドブックなどはこちらから⇓⇓


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧

にぶんのいち夫婦 最新刊完結結末!全巻小説-和真視点

あなたがしてくれなくても結末最新話不倫恋完結はまだ

凪のお暇ネタバレ最新話刊-結末最終巻マデ

いつわりの愛‐契約婚漫画結末!小説ヨリ最後は理人離婚!

復讐の未亡人最終回マデ

血の轍ネタバレ

ギルティ最終回マデドラマ違い【瑠衣の正体と目的

それでも愛を誓いますか最終回全ネタバレ!真山と結ばれる?元サヤに

ミステリと言う勿れ 結末マデ犯人と真相