ブギウギ 124話あらすじ感想【スズ子を追い続けた鮫島】

[PR]

今回は『ブギウギ 』の124話(第26週)3月27日 水曜日放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

 

【スズ子を追い続けた鮫島】と題して第26週124話をお送りします。

 

スズ子の歌手引退記者会見には鮫島もやってきていました。

 

次々と詰問した鮫島でしたが、スズ子の返答に最後は寂しくなると漏らしたのでした。

 

<ブギウギ 第26週124話のあらすじ>

 

スズ子の『歌手引退報告会見』には多くの記者たちが集まってきていました。

 

歌手を引退する理由を集まってくれた人たちの前で説明したスズ子。

 

“自分が一番輝いていた時をそのまま残したい”

 

スズ子は、今までのようなパフォーマンスができなくなったことを理由に挙げて、今後は役者として活動していきたいと笑顔で告げたのでした。

 

ところがスズ子を長年に渡って追いかけてきた『真相婦人』の鮫島はスズ子の説明に納得がいきません。

 

“やっぱり水城アユミから逃げるってことなんじゃないんですか”

 

すると鮫島から詰問されてあっさりとそれを認めたスズ子。

 

“そう見られてもしゃあないです”

 

スズ子の返答に拍子抜けしてしまった鮫島は、今度は羽鳥のことについて質問を投げかけます。

 

羽鳥がスズ子の引退を簡単に認めるはずがないと追及する鮫島でしたが、タケシが羽鳥も承知していることだと嘘を返したのでした。

 

その問答で複雑な気持になったスズ子は、羽鳥に対しての想いを気丈に振る舞いながら明かし始めます。

 

“感謝しきれない気持ちでいっぱいですわ”

 

“それ以上のことは何もおまへん”

 

スズ子の話を聞いて寂しくなるともらした鮫島。

 

そして鮫島は歌手にはまったく未練がないのかと迫ります。

 

そんな鮫島に笑い飛ばすように応えたスズ子。

 

“未練があれば辞めへんのとちゃうかな”

 

“ワテは 未練がましい女やし”

 

そして後悔する日がくるかも知れないと言ってスズ子は集まってくれた人たちを笑わせたのでした。

 

そしてスズ子は清々しい表情で最後の挨拶をします。

 

“皆さん、歌手・福来スズ子をかわいがってくださってホンマにありがとうございました”

 

そんなスズ子に鮫島も含めた多くの人たちが労いの拍手をおくったのでした。

 

歌手引退記者会見を終えて自宅に戻ったスズ子は、これまで一緒にやってきてくれた愛子やタケシや大野と、誘拐未遂を経て雇った小田島と一からも労ってもらいます。

 

そんな自分の家族に向かって微笑みながら感謝の気持をつたえたスズ子。

 

“皆さんはワテの宝物です”

 

“血の繋がりは関係ないねん”

 

“ワテと出会うてくださってホンマにありがとうございます”

 

“そしてこれからもどうぞよろしゅう頼んます”

 

それから数日後に羽鳥はスズ子の記者会見の記事が載せられた雑誌を開いていました。

 

そしてそこにあった自分に対するスズ子の感謝の想いを羽鳥は複雑な気持で見つめていたのです。

 

一方、スズ子は喫茶店でUSKの後輩である秋山美月から労われていました。

 

“ホンマ最高の先輩です”

 

“お疲れさまでした”

 

するとそこに股野と水城アユミが姿をあらわします。

 

そしてアユミから引退してほしくないと懇願されてしまったスズ子。

 

アユミはスズ子の歌う姿を見てもっと勉強したいことが多くあると訴えたのです。

 

そんなアユミに向かって、自分はアユミの歌からエネルギーもらえたから歌合戦で最高のパフォーマンスができたと伝えます。

 

でもいつも歌う前にアユミからエネルギーをもらうわけにはいかないと微笑んだスズ子。

 

“せやからワテはあなたを見て、歌手としての人生をスパッとやめよう思たんや”

 

そして新たな時代の歌姫に託すように言います。

 

“バトン渡したで”

 

“頑張ってや”

 

するとアユミもスズ子に誓ったのでした。

 

“必ず福来先生のような歌手になります”

 

虎に翼ネタバレ最終回まで

 

<ブギウギ 第26週124話の感想>

 

記者会見にやってきていた鮫島もスズ子に歌手を辞めて欲しくなかったようですね。

 

でも役者になったスズ子を追いかけて記事を書き続ければよさそうにも思えました。

 

『ブギウギ』も残すところ2回となってしおまいました。

 

明日と明後日で今もスズ子の周りにいる人たちだけでなく、懐かしい顔ぶれが見られることを期待したいですね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓