スカーレット137話138話23週【3月13日(金)-14日(土)ネタバレあらすじ感想

スカーレット137話138話23週【3月13日(金)-14日(土)放送のネタバレあらすじ感想内容です。

放送前は予告・考察あらすじ、放送後は放送受けてからの内容詳細のネタバレあらすじになります!

スカーレット137話23週【3月13日ネタバレあらすじ感想

武志(伊藤健太郎)の病気を直子(桜庭ななみ)らに明かし、ドナー検査のお願いする喜美子(戸田恵梨香)。


スポンサーリンク

遅れてきた八郎(松下洸平)にも告げると、動揺して強い衝撃を受ける。

一方、自棄になった武志は友人らとの飲み会で酔っ払い、残った真奈(松田るか)と二人きりに。

武志の入院生活が始まる。喜美子も付き添いドナー検査を受ける。

武志には内緒で八郎も病院を訪れ、大崎医師(稲垣吾郎)と面会。治療に挑む武志は決意して…

 

<スカーレット137話23週詳細あらすじ>

 

喜美子が直子と百合子に武志の病気を告げられ、頼まれたドナー検査を受けることを快諾して帰った後に、遅れて八郎がやってきます。

 

八朗が遅くなった事を詫びながら入ってくると、喜美子は武志が次世代展に落選して残念と話しかけます。

 

そして、直子と百合子がもう帰ってしまった事と、武志はアパートにいる事を伝えます。

 

武志が来ないのかと怪訝そうな顔をする八郎に話があると改まる喜美子。

 

しかし、喜美子が話し始めたのは武志のアパートで出会った石井真奈の事でした。

 

「そう言う話かぁ、、、結婚するとかそう言う、、、」

 

でも、そんな話だったら良いのだけれどと何かを含んだように答えて、カレーを食べるかと話題を変えた喜美子。

 

すると八郎は、ジョージ富士川が出版した絵本を取り出して言います。

 

「武志にあげようと思って、、、先生らしい色遣いだ、、、

 

武志も喜ぶかなぁ、、、

 

信楽での実演会の時に丈夫だった武志が熱を出してしまって、、、本当に丈夫な子だった、、、」

 

すると八郎に喜美子が謝ります。

 

「ごめんね、、、丈夫だと思っていた武志が病気になってしまった、、、」

 

何を謝っているのかと怪訝そうな顔をする八郎に喜美子は話します。

 

「武志は誰にも知られたくないと言っている、、、だから武志の前では知らない事にしておりてください、、、」

 

八朗はどうして話すのかと訊きますが喜美子は続けます。

 

「このママだと3年から5年しか生きられない、、、慢性白血病と言う病、、、」

 

八朗はありえない話だといいます。

 

そんな八郎に、喜美子は骨髄移植という治療のために、自分と一緒に適合検査を受けて欲しいと頼んだのでした。

 

そして、喜美子は親と合う可能性は1%もないが少しでも可能性は残されていると言うのでした。

 

武志が入院したときに喜美子は八朗から預かったジョージ富士川の絵本を手渡します。

 

そして、武志は検査室へ呼ばれて入っていきました。

 

翌日になってからは、今度は喜美子が適合検査を受けたのでした。

 

武志は抗がん剤を増量したことで食欲が落ちてしまいます。

 

そして、体調が戻るまで入院を継続することになったのでした。

 

大崎先生が八郎に話しかけています。

 

「川原さんところは陶芸一家ですよね!?

 

うちは医者一家です、、、

 

業種は違うけど、どう距離をとっていいのかわからなくなるのは同じかもしれません、、、

 

親子であったりライバルであったり、、、時には親友にもなってたします、、、」

 

そして大崎先生は、病気は辛いことがたくさんあるけれど、時に素晴らしいことも起きるものだと言うのでした。

 

武志は深野の絵ハガキを見つめたあとで、ジョージ富士川の絵本に何かを書き込んで喜美子に渡します。

 

「家に帰ってから見て!

 

それと、お父ちゃんに言っても良いよ!

 

みんなにも話しても良いよ!

 

会いたい、、、会って力をもらいたい、、、」

 

<スカーレット137話23週詳細感想>

 

喜美子は武志が白血病になってしまったのは自分の責任のように思っているのでしょうか?

 

八朗に謝ったときの喜美子の気持は複雑ですよね!?

 

それにしても八朗がどんな想いでジョージ富士川の絵本を持ってきたのでしょうか?

 

そして、深野心仙の絵ハガキを見ていた武志は何かを決心したようです。

 

みんなに自分の病気のことを話して良いという武志は病気と闘うことを決めたのでしょうか?

 

スカーレット138話23週【3月14日ネタバレあらすじ感想

画像武志(伊藤健太郎)の入院生活を支える喜美子(戸田恵梨香)。

八郎(松下洸平)は会社を辞めて武志のそばで暮らすことを申し出るが喜美子に止められる。

喜美子は八郎と、居合わせた信作(林遣都)に武志のある思いを伝える。

一方、武志は大崎医師(稲垣吾郎)と相談して、まもなく退院して通院治療に切り替えることに。


スポンサーリンク

病院には照子(大島優子)の家族を始め、知り合いが次々押しかけて武志を励ます。だが武志の容体が急変して…

 

<スカーレット138話23週詳細あらすじ>

 

川原家では八郎が喜美子を呼びよせて話しかけます。

 

「ちょっと話したいことがあって、、、

 

名古屋を引き払って信楽の病院の近くにアパートを思っているんだ」

 

すると、その時に信作が駆け込んできます。

 

「百合子から聞いた、、、

 

百合子は言おうとしなかったのを刑事みたいに無理やりききだしたんだ、、、」

 

喜美子は信作を落ち着かせようとします。

 

すると、今度は八朗が武志の深野心仙お絵ハガキの色を再現するという望みを叶えるために釉薬のアドバイスするのだと言い始めます。

 

「よく考えて!

 

今の仕事を辞めてどうするつもりなの?

 

今まで通りじゃだめなの?」

 

でも、今まで通りでいれるわけがないと言う八郎。

 

「もうお父ちゃんにもみんなにも言っても良いって話していた、、、」

 

そう言って武志が書き込んだジョージ富士川の絵本を八郎に見せた喜美子。

 

そこには、こう書かれていました。

 

「今日が君の1日なら君といつもと変わらない1日を過ごすだろう。

 

今日が友達の1日なら友達といつもと変わらない1日を過ごすだろう。

 

今日が母の1日なら母といつもと変わらない1日を過ごすだろう。

 

今日が父の1日なら父といつもと変わらない1日を過ごすだろう。」

 

喜美子はそれを読んで涙を流している八郎に話しかけます。

 

「武志はいつもと変わらない1日を望んでいるんです、、、

 

病院に顔を出してあげてください、、、」

 

その頃、入院している武志は病室から外を眺めていました。

 

そこに担当医の大崎医師がやってきます。

 

「先生!本当によくなりました、、、もう退院できませんか?」

 

武志は退院したいと言いますが、大崎先生は今日の血液検査の結果が良ければ来週からの通院治療を考えてみようと言います。

 

そこに、照子が家族を連れてやってきました。

 

「お久ぶりです、、、」

 

武志が挨拶すると娘の和歌子が知らない人だと冗談を言っておどけます。

 

「うそや嘘、、、竜也が遊んでいたよね、、、それにしてもええ男になったなぁ、、、」

 

その後には大野家もやってきます。

 

忠彦、百合子、陽子、信作も見舞いにやってきてくれました。

 

次にやってきたのは八朗です。

 

武志は八朗に深野の絵ハガキの色の出し方を相談します。

 

ふたりは、濃さを薄くして刷毛で塗るのではと互いの考えを話し合ったのでした。

 

八朗が帰る時に見送ろうとした武志が倒れてしまい驚ろかされます。

 

検査の結果、血糖値には異常が見つかりませんでしたが、感染症が疑われたのでしばらく様子をみる事にしたのでした。

 

その後には真奈が来てくれました。

 

しかし、何故か筆談を始める彼女に、武志は話しかけます。

 

「いちいち書いて話さなくて大丈夫だよ!熱も微熱だから、、、」

 

すると真奈は会いたかったと武志に告げます。

 

「どこまで病気のことを聞いてる?

 

白血病なんだよ、、、

 

特効薬が見つからない限り治すのが難しい病気なんだ、、、」

 

武志がそう言うと、真奈は手を握りたいと言うのでした。

 

その後、武志の容態は落ち着いたので翌週から2週間に1度の通院治療に切り替わりました。

 

退院した武志はアパートを引き払って喜美子と一緒に住むことにしたのでした。

 

<スカーレット138話23週詳細感想>

 

白血病になってしまった武志とどのように接するかを周囲の人はそれぞれ悩んでいます。

 

そんな中で喜美子は普段通りの生活を送らせたいと思う一方で、何としても血液型の一致するドナーを探すことを考えています。

 

骨髄バンクがある現在でも一致するドナーを探すのは至難の業なのに当時の見つかる可能性はどのくらいだったのでしょうね!?

 

 

 

≫全話掲載【スカーレット ネタバレ朝ドラあらすじ最終回まで

136話に戻る≪  ≫139話に続く


【ドラマの原作漫画で結末最後が知りたい!】無料試し読みはこちらから⇓
⇒無料会員でさらに無料で読める漫画が多くなるサイトはこちらから


スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
▼再放送中はね駒▼
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク