らんまんネタバレ最終回あらすじマデすえ子の死!来週今後の朝ドラ

[PR]

朝ドラ「らんまん」あらすじネタバレ最終回/最終話まで!今週・来週まで今後のあらすじやキャスト実在モデルまで「らんまん」の全部知りたいことを網羅してる記事です

この記事では、朝ドラ「らんまん」ネタバレ今後のあらすじを1話ごと週間ごとに最終回まで最速でお届け!各週のタイトルに花の名前があり、花言葉もプラス吹き出しであわせて紹介。

らんまんはいつまで?いつ終わる?かというと最終話(130話): 9/29(金)の放送が最後の予定です。

◆最新最速アップ情報 : 週間26週最終週まで!! 1話ごと詳細26週130話最終話の放送後確定詳細までアップ済み!! 

目次

らんまんネタバレ朝ドラあらすじ直近週・1話ごと 

らんまんネタバレ最終週、最終回まで

 

らんまん最終回130話ネタバレあらすじ⇓放送後詳細&感想

マキシモヴィッチ博士の生誕100周年を祝った北海道での講演を終えた万太郎(神木隆之介)は、東北帝国大学からの招待を受けて、仙台に寄ることにした。そこで彼は、見たこともない植物と出会うことになる…。

一年後の4月、竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)が沼津から持ってきた新酒を槙野家で披露する。新種の名前は「輝峰(きほう)」と名付けられた。綾は「今日も明日も生きていく人々の営みに寄り添うような名前にしたかったの」と語る。

寿恵子(浜辺美波)、虎鉄(濱田龍臣)、千歳(遠藤さくら)、千鶴(本田望結)ら家族全員が集まって、綾と竹雄の酒を楽しみながら、和やかな時間を過ごす。

寿恵子は「まるで晴れ渡った空のような味わいね」と感想を述べる。お酒が苦手な万太郎も初めてお酒を美味しく感じることができ、「新しい酒、本当におめでとうございます」と祝福の言葉を述べた。

みんなが一斉に、おいしいおいしいと絶賛してくれて…綾は 「ありがとう…嬉しいわ…ありがとう…」 と感動のあまり、涙が溢れそうになる。

万太郎の図鑑は完成目前だった。しかし、彼は新種の笹を加えることを決めていた。万太郎は「光が当たると美しく輝くんだ。葉の表面には白い毛が生えていて、その細い産毛のような毛が光に透けて綺麗だったんだ」と竹雄に説明した。

そして季節はセミの声が聞こえる夏になった。「日本植物図鑑」がついに完成した。自宅の縁側で万太郎がページを開き、寿恵子に見せていく。冒頭の槙野万太郎のメッセージには、池田蘭光、里中、野田、田邊、大窪、波多野、藤丸、丈之助、虎鉄、野宮…への感謝の言葉が書かれていた。また、家族や関わった人々の名前も忘れずに記してあった。園子の名前もあった。

寿恵子が好きだと言ってくれた牡丹や園ちゃんが庭で見つけてくれたヒメスミレなど、3206種も掲載されていた。

寿恵子は「爛漫(らんまん)ですね」と微笑んだ。

万太郎も「爛漫じゃ」と答えた。

図鑑の最後のページに飾られたのは「スエコザサ」だった。万太郎が見つけた新種のササに寿恵子の名を刻んだ。寿恵子への感謝と永遠の愛を誓って…

寿恵子「『スエコザサ』…私の名前…?」

万太郎 「学名は『ササ スエコアーナ マキノ』 …寿恵ちゃんの名前だよ」

寿恵子「じゃあ、私、万ちゃんとずっと一緒にいられるんだね」

万太郎「寿恵ちゃん、僕を信じてくれて、ありがとう。寿恵ちゃんは、いつも僕を明るくしてくれた。寿恵ちゃんが僕の命そのものだよ」

寿恵子「万ちゃんこそ、私の太陽でした。でも約束してね。私がいなくなったら、ずっと泣いていないでね。万太郎さんと草花だけ。草花にまた会いに行ってね。そうしたら、私もそこにいるから。草花と一緒に私も待ってるから」

万太郎は涙を流す寿恵子を抱きしめて「愛してる、愛してる。寿恵ちゃん、僕ら、ずっと一緒だよ」と涙声で告げる。

万太郎は植物採集に出かける。仲間たちに「博士、これは何ですか」と次々と質問される。

すると、若い寿恵子の姿が現れた。

寿恵子「万太郎さん、この子は何ですか?ねえ、日本中の植物、本当にこれで全部なの?」
万太郎「確かめに行こう」
寿恵子「じゃあ、まだまだ探しに行かなきゃね」
万太郎「うん。寿恵ちゃん、草花が待ってるよ」

万太郎は「お前は誰だ?」と(カメラ目線で)植物に話しかける。

万太郎の旅はまだまだ続くということで物語は終わった…。

・最終回の皆さんの感想:

「寿恵子は、最後に亡くなったんですけど、それを感じさせない終わり方で、しばらく余韻にひたる感じでよかったです。」

「綾と竹雄が新しいお酒をつくったのもよかった。竹雄&の新酒は「輝峰」脚本・長田育恵氏が命名「人の暮らしと共に光り輝く山々」 あの後どうなったんだろうってのも気になっていたので、伏線回収してよかったです。

「道端の草花を見たときの心持ちも豊かになりました。史実モデル通りのこともそうでないこともふまえた、出来事の軽い重いのバランスも快く、きもちがよかった。」

「あいみょんの主題歌の歌詞ですべて回収、すごい仕掛けだった。たくさんの登場人物「ガヤ扱い」なく、主人公との血の通った関わり。実年齢は若い二人の加齢した肌のメイクに驚いてたけど、最後の演出を生かす為だったのかな。何から何まで細やかに繋がっててお見事やったぁ。」

 

らんまんネタバレ最終週26週全体

ある決断とは、、すえこは開業した渋谷にある待合茶屋「山桃」の売却を決断しました。待合「ヤマモモ」は繁盛して黒字だったので、思ったより高値で売却できて、その得た資金によって練馬に広大な土地を一括で購入しました。

その練馬の広大な土地に大きな豪邸を建てて、すえ子たち槙野家は練馬に引っ越すことになりました。しかし、練馬に引っ越しをして間もなく、すえ子は体調を崩してしまいます。

万太郎はすえ子の看病をしながら「日本中の草花をのせた図鑑を完成させる」というすえ子との約束を果たすため、研究に没頭し取り組み続けるのでした。

 

◆最終週1話ごと放送後の詳しいあらすじネタバレ

26週126話あらすじ感想【千鶴/松坂慶子,紀子/宮崎あおい登場
26週127話あらすじ感想【波多野から提案に驚かされる万太郎
26週128話あらすじ感想【理学博士を受けることにした万太郎
26週129話あらすじ感想【皆が万太郎のために集まってくれる

26週130話あらすじ感想【図鑑完成の最後を飾った『スエコザサ』

らんまんネタバレこれまで、今後のあらすじ

幼少期 1週 2週 青年期 3週

 

◆次回朝ドラ↓↓◆

ブギウギ】朝ドラネタバレあらすじ最終回プラス来週,今後の結婚相手/死

次回再放送の朝ドラ

まんぷくネタバレあらすじ1−13週14週−最終回まで全暴露!最新追加情報も

 

・すえ子の死因・夢はモデルより⇓子供たちの今後

らんまん妻モデル寿恵子の夢や死因!最初の妻猶と離婚後に現妻・壽衛子と出会う

⇒【牧野富太郎の子孫 現在は】家系図,ひ孫経歴13人の内6人死亡

◆実在モデル紹介◆寿恵子と万太郎、竹雄・綾・田邊教授・峰屋の実在モデル⇓⇓

万太郎【モデル牧野富太郎】坂本竜馬の接点!酒蔵破産?イケメン画像

【竹雄モデル実在は誰?】綾のモデルと結婚するが峰屋倒産に!

【田邊教授モデル】大学辞める!万太郎と確執真相ネタバレ

【モデル牧野富太郎 命名した植物一覧】妻の名前の植物スエコザサやムジナモ

 【酒蔵モデル】岸屋現在は?牧野富太郎の【姉モデル】引継ぐも破産!

 

◆キャスト高知編・東京編 新キャスト追加一覧⇓

らんまん【キャスト相関図!】ヒロイン浜辺美波や子役-万太郎は森優理斗と小林優仁

らんまん【舞台ロケ地まとめ!】目撃情報は高知/東京編!エキストラ追加も?

 

放送後のネタバレ詳細あらすじ感想

◆らんまんドラマ公式ガイドブックはこちらから⇓⇓◆

2023年前期のNHK朝ドラ第108作となる『らんまん』は、いつからいつまでか?スタートは2023年4月3日(月)から放送開始。全26週(最終話130回)、最終回が9月29日(金)の予定。

らんまん』は、⇒日本の植物学者・モデル牧野富太郎さん(以下、敬称略)をモデルとしていますが、フィクションとして制作され、原作は無くドラマオリジナル作品です。

時代は幕末から明治、そして激動の大正・昭和へ ―そんな混乱の時代の渦中で、愛する植物のために一途に情熱的に突き進んだ主人公・槙野万太郎神木隆之介さん、妻・寿恵子は浜辺美波さんが演じます。

◆再放送の朝ドラ⇓⇓

まんぷくネタバレあらすじ1週−最終回まで全部暴露!最新追加情報も

あまちゃんネタバレあらすじ最終回結末!再放送2023簡潔版も

ひらり朝ドラあらすじネタバレ最終回結末!結婚相手みのりキャスト相関図

らんまん 朝ドラあらすじネタバレ週間・1話ごと1週1話から最終回まで!

【らんまんネタバレあらすじトップページ 】最終回まで!

ネタバレあらすじ24週

図鑑の発行を目指し家に籠って原稿を書き続ける万太郎。そんな日々をすごしてると、ある日すえ子の店に客がやってきて、その正体とは…

すえ子の店にやってきたのは、あの早川逸馬でした。

万太郎との再会に感激した逸馬は、大資産家の永守徹という青年を万太郎に紹介します。

らんまん24週ネタバレ【永守徹/中川大志が支援!藤丸と綾/竹雄が沼津で酒蔵再起

 

ネタバレあらすじ25週

万太郎が大学を辞職し、その理由とは自分の信じる植物学を貫き通すということでした。

時は流れて、1923年大正12年。東京の下町を関東大震災で発生した火災が焼き尽くしました。持てる限りの植物標本を抱えた万太郎はすえ子の店に避難します。

すべての植物標本を火災から救出できることはできなかった万太郎。すごく落ち込む万太郎でしたが、焼き尽くされた東京の下町の路地で見つけた「ムラサキカタバミ」の花の一生懸命生きてるような咲いてる姿に大変勇気づけられたのでした。

ネタバレ25週【すえ子の夢は植物園!軒家購入/大学辞職/関東大震災

ネタバレあらすじ26週最終週最終回

ある決断とは、、すえこは開業した渋谷にある待合茶屋「山桃」の売却を決断しました。

待合「ヤマモモ」は繁盛して黒字だったので、思ったより高値で売却できて、その得た資金によって練馬に広大な土地を一括で購入しました。

その練馬の広大な土地に大きな豪邸を建てて、すえ子たち槙野家は練馬に引っ越すことになりました。

しかし、練馬に引っ越しをして間もなく、すえ子は体調を崩してしまいます。

万太郎はすえ子の看病をしながら「日本中の草花をのせた図鑑を完成させる」というすえ子との約束を果たすため、研究に没頭し取り組み続けるのでした。

▽らんまんドラマ公式ガイドブック⇓⇓

あらすじネタバレ1週「バイカオウレン」

1週ネタバレ「母ヒサの死!天狗はディーンフジオカ

バイカオウレン:花言葉は、2度目の恋、情熱、魅力、忍ぶ恋、でモデルの牧野富太郎さんが愛した花で有名で、故郷の裏山に群生していたからだそうです。

1897年(文久2年)に土佐の佐川村にあった槙野家に待望の男の子が生まれ、万太郎と名付けられます。

蔵元『峰屋』を営んでいた槙野家は、佐川の藩主である深尾家の御用係を担っていたこともあり当時は数少ない名字帯刀を許された家系だったのでした。

ところが生まれた時には父親である嘉平が亡くなっていた万太郎は、5歳で『峰屋』の当主になってしまいます。そして母の死まで描かれます。

1話:4月3日(月)「万太郎倒れ陰口を!バイカオウレン梅花黄連の花言葉
2話:4月4日(火)「ディーンフジオカ坂本龍馬との出会い
3話:4月5日(水)「ヒサの好きな白い花
4話:4月6日(木)「綾:太田結乃(女性)蔵へは厳禁
5話:4月7日(金)「母ヒサの死と最後の言葉から

 

あらすじネタバレ2週「キンセイラン」

2週ネタバレ⇒「万太郎が小学校退学!池田蘭光と出会い

キンセイラン : 野草風薫

 

6話:4月10日(月) 「後の学友‐広瀬佑一郎が竹刀で万太郎に
7話:4月11日(火) 「池田蘭光が万太郎に伝える想い
8話:4月12日(水) 「本草綱目を池田蘭光から借り勉学に
9話:4月13日(木) 「タキが名教館辞めさせる‐蘭光と佑一郎と旅行に
10話: 4月14日(金) 「万太郎が小学校退学!18歳に

 

あらすじネタバレ3週「ジョウロウホトトギス」

3週「幸吉と竹雄と綾の三角関係!寿恵子に一目惚れ

ジョウロウホトトギスとは|育て方がわかる植物図鑑|みんなの ...

11話:4月17日(月) 11話3週【田中芳夫と野田基義に会うために
12話:4月18日(火) 12話3週「綾の淡い恋心/幸吉と手が触れ合いドキドキ
13話:4月19日(水) 13話3週「博覧会で万太郎は寿恵子に一目惚れ

14話:4月20日(木)14話3週【憧れの植物学者・野田基善と里中芳生に会う
15話:4月21日(金)15話3週【寿恵子にもう一度会いたい

あらすじネタバレ4週「ササユリ」

4週ネタバレ⇒「タキ従弟の綾と万太郎を結婚させようと

16話:4月24日(月)
17話:4月25日(火)
18話:4月26日(水)
19話:4月27日(木)
20話:4月28日(金)

あらすじネタバレ5週「キツネノカミソリ」 ⇒「万太郎が逮捕!綾が婿とると竹雄が綾に告白

21話:5月1日(月)
22話:5月2日(火)
23話:5月3日(水)
24話:5月4日(木)
25話:5月5日(金)

あらすじネタバレ6週「ドクダミ」 ⇒「植物を倉木に盗まれる!寿恵子の近所に

26話:5月8日(月)
27話:5月9日(火)
28話:5月10日(水)
29話:5月11日(木)
30話:5月12日(金)

あらすじネタバレ7週「ボタン」

7週ネタバレ⇒「田邊教授とジョン万次郎との関係性

ある日、寿惠子の母親で『白梅堂』を営む、まつのもとに、新橋で料亭を営んでいる妹のみえがやってきました。仕事柄みえは政府関係者への顔がひろく、建設が進められている鹿鳴館でダンス講師を募っていることを耳にしてやってきていたのです。

寿惠子が鹿鳴館で働くことになれば玉の輿に乗れる可能性が高いと勧めるみえ。ところが興味を示す寿惠子に反して、まつは自分のような妾の人生になることを心配して反対したのでした。

一方で万太郎は野田に書いてもらった紹介状を携えて、東京大学植物学教室に田邊教授を訪ねます。田邊教授に向かって自作の植物目録と品種未特定の標本を見せながら自分の熱い思いをぶつけた万太郎。

するとその研究に興味を持った田邊教授は万太郎に東大の研究室に自由に出入りしても良いとの許可を出したのでした。ところが助教授の徳永や講師の大窪は学歴のない万太郎の出入りに反対します。

31話:5月15日(月)
32話:5月16日(火)
33話:5月17日(水)
34話:5月18日(木)
35話:5月19日(金)

あらすじネタバレ8週「シロツメクサ」

8週⇒「植物図鑑作成へ寿惠子がきっかけに

36話:5月22日(月)
37話:5月23日(火)
38話:5月24日(水)
39話:5月25日(木)
40話:5月26日(金)

 

あらすじネタバレ9週

9週「ヒルムシロ」
41話:5月29日(月)
42話:5月30日(火)
43話:5月31日(水)
44話:6月1日(木)
45話:6月2日(金)

万太郎は植物学の雑誌の刊行を決意しますが、藤丸と波多野から田邊教授に相談する際はタイミングが難しいと言われて中々言い出せずにいました。ふたりによると教授は一旦駄目だと口にしたら、それが覆ることがないからだというのです。

その一方、寿惠子は店の用事で訪れた際に実業家の高藤に見染められていて、屋敷に呼び寄せられていました。高藤から舞踏練習会への参加を促された寿惠子でしたが、分不相応を理由に一旦は断っていたのです。

そんなある日、高藤家で催される西洋音楽会に招待された田邊教授のお供をすることになった万太郎。

⇒らんまんネタバレ9週「寿惠子が高藤に抱かれて万太郎は諦める?

 

あらすじネタバレ10週

10週「ノアザミ」
46話:6月5日(月)
47話:6月6日(火)
48話:6月7日(水)
49話:6月8日(木)
50話:6月9日(金)

万太郎は雑誌創刊の準備を始め、先ずは石版印刷の見本を確認するために『大畑印刷所』を訪ねます。正確な図版を印刷するために印刷技術を学ぶ必要があると考えて働かせて欲しいと頼み込んだ万太郎。

しかし簡単には働かせてもらえなかったため、技術を教えてもらう授業料を払うことで受け入れてもらったのです。それからの万太郎は昼間は大学に通い、夕方から夜中まで印刷所で働くという生活がはじまります。

ところが万太郎が見習工として働くことが受け入れられない竹雄。でも常に笑顔でいることと朝食だけは一緒にとることを条件に万太郎のやり方を認めたのでした。

らんまん10週ネタバレ「寿恵子が高藤の愛人になる覚悟を…

 

あらすじネタバレ11週

11週「ユウガオ」
51話:6月12日(月)
52話:6月13日(火)
53話:6月14日(水)
54話:6月15日(木)
55話:6月16日(金)

その後もことあるごとに高藤は寿惠子を呼び出します。そんなある日、寿惠子は高藤に誘われて洋食屋『薫風亭』に向かいました。

『薫風亭』で働いていた竹雄はすぐに寿惠子に気づきますが、寿惠子は万太郎と親しい人間が働いていることに気づきません。

そこに元老院の白川もあらわれて、高藤の想いがあきらかにされたのです。

高藤は寿惠子を白河の養女にしてから、自分の別宅に迎え入れようとしていたのでした。

竹雄から一部始終を聞かされましたが、雑誌創刊の仕事が終わるまでは求婚しないと宣言していたため何も行動をおこさなかった万太郎。

らんまん11週概要ネタバレ「寿恵子が高藤との関係を断ち万太郎のもとへ

 

あらすじネタバレ12週「マルバマンネングサ」

56話:6月19日(月)
57話:6月20日(火)
58話:6月21日(水)
59話:6月22日(木)
60話:6月23日(金)

長屋にやってきた寿惠子は初めて万太郎に部屋に入ります。

そこには沢山の本と標本が所狭しと積み上げられていて、それを見た寿惠子は万太郎がやろうとしていることがどれほど大変なことかを理解したのでした。

そんな万太郎と一緒に暮らすことが冒険であることを知った寿惠子は、自分も一緒に冒険していきたいと告げて求婚を承諾したのです。

それから半年後、万太郎は寿惠子を連れて佐川に向かいます。

ところが祖母のタキは末期癌で病床に伏せていました。そんなタキでしたが百人一首を通じて、寿惠子を万太郎の嫁として認め迎え入れたのです。

しかし、そのころの『峰屋』は重税に苦しめられていて、タキが伏せっている分も重くのしかかっていた綾。

12週週間ネタバレ「寿恵子が万太郎と婚約!タキ末期がん

 

ネタバレあらすじ13週「ヤマザクラ」 「タキの死!綾と竹雄が結婚!

61話:6月26日(月)
62話:6月27日(火)
63話:6月28日(水)
64話:6月29日(木)
65話:6月30日(金)

ネタバレあらすじ13週全体「タキの死!綾と竹雄が結婚!

・13週ネタバレ概要

万太郎の祖母・タキは古くから付き合いのある呉服屋「仙石屋」に、寿恵子の花嫁衣装を注文します。

その時、タキは仙石屋の”ヤマザクラ“が病気になっていることを知らされました。

タキに恩返しがしたいと考えていた万太郎は、タキが愛していたヤマザクラを病気から救うのが自分の使命だと感じ、その日から万太郎はヤマザクラの病気を治すための研究を開始。

そして、治すための方法を求めて東京にも手紙で問い合わせをします。

一方、万太郎の姉・綾は地元の酒造りを守るため、蔵元の組合を組織することを思い付きました。

ネタバレあらすじ14週「ホウライシダ」

14週「ホウライシダ」
66話:7月3日(月)
67話:7月4日(火)
68話:7月5日(水)
69話:7月6日(木)
70話:7月7日(金)

万太郎と寿恵子が帰京 土佐で万太郎の祖母·タキの法要を済ませた後、万太郎と寿恵子は峰屋の人々に 挨拶をし、東京へと戻りました。 そして、万太郎と寿恵子は十徳長屋での新婚生活をいよいよスタートさせます。

翌日、万太郎は土佐にいる間に横倉山で採集した植物標本を持って、東京大学の 植物学教室へと向かいました。 万太郎、田邊教授から誘われる!? 万太郎は土佐で採集した標本の数々を植物学教室の皆に披露しながら、この中に 新種の植物があるかもしれないと熱弁。

すると、万太郎が持ち帰ってきた標本に興味津々の田邊教授が、その標本を 持って自宅に来るよう万太郎に言いました。 その日の晩。 万太郎は田邊教授から専属のプラントハンターにならないかと誘われるのでした。

7/3~ネタバレ14週全体【田邊教授の思惑!研究費で峰屋倒産?新種発見?

 

ネタバレあらすじ15週「ヤマトグサ」

万太郎が新種を発表する機会を考える

万太郎は自身が新種を発見した時の、発表の機会を得るにはどうすればいいか思案していました。考えた末の結果、植物図鑑を自費出版して学者たちに認めてもらうしかないという考えに至ります。

大窪との共同研究の提案

植物図鑑の自費出版を決意した万太郎は、日中は研究時間に費やし、夜は印刷所に通うことにします。万太郎から話を聞いた寿恵子は、予想外の行動に出ます。

十徳長屋に大窪がやってきて、万太郎が高知で収集してきた植物の研究を一緒にやらないかと持ちかけてきました。

7/10~ ネタバレ15週【大窪がスパイ?!嫉妬から研究の道断たれる?

ネタバレあらすじ16週「コオロギラン」

7/17~⇒16週【大学辞める,田邊対立!新種発表と図鑑で認められる

新種発表と図鑑の出版

大窪との共同研究の結果、高知で収集した植物のなかに新種を発見して学会で発表しました。万太郎は図鑑の出版も成功させます。

ネタバレあらすじ17週「ムジナモ」

寿恵子が第1子を出産。万太郎が植物採集の旅から東京に帰ってきました。

忙しい日々を送る中、十徳長屋の住人である、ゆうに誘われた池のほとりで、
万太郎は見慣れない水生植物を発見します。翌日、万太郎はその水生植物を植物学教室に持ち込みました。

 

⇒ネタバレ17週週間【第1子,2子誕生子だくさん?水生植物の新種発見!

 

ネタバレあらすじ18週「ヒメスミレ

長屋の住人である”ゆう”と出かけた池の畔で偶然に見つけた水生植物を植物学教室に持ち込んだ万太郎は、田邊教授から日本では発見されていない種類だから、論文と植物画で世界に向けて発見報告するよう言われます。

ところが水生植物『ムジモナ』の論文を書き上げた万太郎に、想いもよらぬ事態が襲ってきたのです。

何とその論文を読んだ田邊教授が激怒して大学の植物学教室への出入りを禁止してきたのです。

万太郎の論文は大学の資料や標本などをつかって書いたという田邊教授は、大学でも同じような論文の出版を考えていたと言い出したのでした。

しかも論文の発表を止めて、土佐植物目録と500点の標本すべてを大学に寄贈するよう言われてしまいます。

そんな田邊教授の考えを何とか変えさせようと説得を試みた万太郎でしたが、何を言っても植物学教室の出入り禁止は変わりません。

→18週ネタバレ【教授が大学出禁命令!峰屋の倒産!ロシアへ植物誌を中断

ネタバレあらすじ19週「ヤッコソウ」

万太郎と寿惠子にとても悲しい出来事が降りかかってきました。何と愛娘の園子が急死してしまったのです。

自分のせいだと寿惠子は自身を責め、万太郎もまた自分が家族を犠牲にしてしまったのではないという後悔に苛まれます。寿惠子の悲しみは深いものでしたが、それでも万太郎や自分の母親である”まつ”に支えられて少しずつ立ち直っていくのでした。

しばらくして、また新たな命を授かることができた寿惠子。万太郎は生まれてきた子供に、今度こそ長く生きて欲しいとの願いを込めて『千歳』と名付けました。

19週ネタバレ次女千歳出産!虎鉄とヤッコソウ新種発見!峰屋倒産

ネタバレあらすじ20週「キレンゲショウマ」

⇒花言葉は、「幸せを得る」。晩夏から秋にかけて、筒状の黄色い花を咲かす。

万太郎は、植物図譜の新刊を発行しようと準備をすすめていたところ、各地の教師から標本と問い合わせが舞い込みます。虎鉄の教師からの問い合わせに返信したことがきっかけでした。

丈之助が、新聞に広告を出して呼びかけることを思いつきます。標本を送ってもらえれば、植物の名前を万太郎が教えるという内容です。新聞に載せれば、全国から植物を集めることができます。

万太郎が十徳長屋で暮らすようになって3年の月日がたっていて、その間に長屋の住人は一人二人と出て行ってしまっていたのでした。

らんまんネタバレ20週【新種発表も田邊教授が大学追放!借金取りが!!

 

ネタバレあらすじ21週「ヤッコソウ」

槙野家では7歳になった千歳と続く百喜と大喜がすくすくと育っていましたが、11集まで出版した『日本植物志図譜』は思うように広がりをみせてくれません。

出版元もままならなくなって槙野家の生活は苦しさを増していったのです。

そんなある日、寿惠子は大切にしていた馬琴の『八犬伝』全巻を質に預けるために出かけていきます。

するとそこで寿惠子は大学を追われた田邊が鎌倉で溺死したと知らされ驚きます。

らんまんネタバレ21週【田邊が溺死!弥之助が好意を料亭のすえ子に?!

 

ネタバレあらすじ22週「ヤッコソウ」

教授になった徳永から助手として雇いたいと手紙をもらった万太郎は、雇われてしまうと自由な研究ができなくなると不安を抱えつつも話を聞くことにします。

そして結果的に徳永から助手として迎えられることになった万太郎は7年ぶりに植物学教室への出入りが解禁となったのでした。

しかし、万太郎の不安は的中していて徳永教授からの指示は標本を充実させることだけに注力しろというものだったのです。

⇒ネタバレ22週【対立し大窪去る!波多野/野宮研究世界で認められ

ネタバレあらすじ23週「ヤッコソウ」

牛久(住田隆)が真打ちとなり、長屋を出ていく日。竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)が高知を引き払い、東京へやってきた。二人は屋台「土佐」を開業。

竹雄と綾の屋台では故郷の味が食べられるとあって、万太郎(神木隆之介)と虎鉄は大喜び。竹雄は、波多野(前原滉)と藤丸(前原瑞樹)に、いつか新しい酒を造るために醸造の研究をしている先生を探していると話す。話を聞いた藤丸は…。

大学に辞表を提出した野宮(亀田佳明)は、東京を去る前に長屋を訪れ、生まれたばかりの千鶴を含む槙野家の肖像画を描く。寿恵子は、図鑑作りの夢をかなえるため商いを始めたいと万太郎に話す。万太郎は、新しい冒険に出る寿恵子を応援。寿恵子は、以前みえ(宮澤エマ)に勧められた地、渋谷へと向かう。

あらすじ感想

 

ネタバレあらすじ24週「ヤッコソウ」

図鑑の発行を目指し家に籠って原稿を書き続ける万太郎。そんな日々をすごしてると、ある日すえ子の店に客がやってきて、その正体とは…

すえ子の店にやってきたのは、あの早川逸馬でした。

万太郎との再会に感激した逸馬は、大資産家の永守徹という青年を万太郎に紹介します。

この永守徹という青年は叔父の莫大な資産を相続し、若くして大資産家となったのでした。

ネタバレあらすじ25週「ヤッコソウ」

万太郎が大学を辞職し、その理由とは自分の信じる植物学を貫き通すということでした。

時は流れて、1923年大正12年。東京の下町を関東大震災で発生した火災が焼き尽くしました。持てる限りの植物標本を抱えた万太郎はすえ子の店に避難します。

すべての植物標本を火災から救出できることはできなかった万太郎。すごく落ち込む万太郎でしたが、焼き尽くされた東京の下町の路地で見つけた「ムラサキカタバミ」の花の一生懸命生きるような咲いてる姿に大変勇気づけられたのでした。

ネタバレ25週【すえ子の夢は植物園!軒家購入/大学辞職/関東大震災

ネタバレあらすじ26週最終週最終回

ある決断とは、、すえこは開業した渋谷にある待合茶屋「山桃」の売却を決断しました。

待合「ヤマモモ」は繁盛して黒字だったので、思ったより高値で売却できて、その得た資金によって練馬に広大な土地を一括で購入しました。

その練馬の広大な土地に大きな豪邸を建てて、すえ子たち槙野家は練馬に引っ越すことになりました。

しかし、練馬に引っ越しをして間もなく、すえ子は体調を崩してしまいます。

万太郎はすえ子の看病をしながら「日本中の草花をのせた図鑑を完成させる」というすえ子との約束を果たすため、研究に没頭し取り組み続けるのでした。

最終週(26週)「」
126話:9月25日(月)
127話:9月26日(火)
128話:9月27日(水)
129話:9月28日(木)
最終話(130話): 9/29(金)
※日程は予想なので、変更あり

◆週間ネタバレ一覧⇓

幼少期 1週 2週 青年期 3週

 

◆寿恵子と万太郎、竹雄の実在モデルの紹介⇓⇓

らんまん寿恵子【妻モデル】最初の妻猶と離婚後に現妻・壽衛子と出会う

らんまん万太郎【モデル牧野富太郎】坂本竜馬の接点!酒蔵破産?イケメン画像

らんまん【牧野富太郎の子孫 現在は】家系図ひ孫経歴13人の内6人死亡

らんまん【竹雄モデル実在は誰?】綾のモデルと結婚するが峰屋倒産に!

らんまん【田邊教授モデル】大学辞める!万太郎と確執真相ネタバレ

らんまん 【酒蔵モデル】岸屋現在は?牧野富太郎の【姉モデル】引継ぐも破産!

◆らんまんキャスト高知編・東京編 新キャスト追加一覧⇓

らんまん【キャスト相関図!】ヒロイン浜辺美波や子役-万太郎は森優理斗と小林優仁

らんまん【舞台ロケ地まとめ!】目撃情報は高知/東京編!エキストラ追加も?

◆再放送中の朝ドラ⇓⇓

あまちゃんネタバレあらすじ最終回結末!再放送2023簡潔版も

ひらり朝ドラあらすじネタバレ最終回結末!結婚相手みのりキャスト相関図

らんまん他記事一覧⇓⇓

【らんまんトップページ 】ネタバレあらすじ最終回まで!原作は前妻が

 

▽らんまんドラマ公式ガイドブック⇓⇓

連続テレビ小説「らんまん」 | TVガイドWeb

 

らんまん ネタバレあらすじ主人公万太郎のモデル牧野富太郎より

らんまんの実在モデルとなってる牧野富太郎さん(らんまんでは槙野万太郎)の生涯をもとにあらすじネタバレを紹介します。

らんまんネタバレあらすじ1週2週:幼少期

幕末の土佐藩で牧野富太郎が誕生。文久2年(1862年)3月24日、坂本龍馬は維新に夢を抱き、土佐藩を脱藩。それから1ヶ月後の文久2年(1862年)4月24日、「日本の植物学の父」と呼ばれる牧野富太郎が現在の高知県富岡郡佐川町で産まれ、「成太郎」と名付けられるのでした。

6歳で祖父を亡くし、「富太郎」へと改名。成太郎が産まれた家は、雑貨業と酒造業を営む裕福な商家でした。しかし、成太郎は3歳の時に父、5歳の時に母を亡くし、さらに6歳の時には祖父を亡くしたため、その後は祖母に育てられることになりました。また、祖父を亡くした頃に成太郎は「富太郎」に改名

らんまんあらすじネタバレ3週4週5週6週7週:学生時代

富太郎は10歳の時に、土居謙護の教える寺子屋に通い始めました。11歳になると、郷校である名教館に入学。同級生の大半が氏族の子弟の中、漢学に加えて西洋の地理、天文、物理についても学習するのでした。

名教館は明治維新による新政府の学制改革により、佐川小学校になりました。富太郎も入学するものの、酒造業の跡取りのため、学問で生計を立てるつもりが無かったようで、たった2年で中退

しかし、小学校中退後は造り酒屋は祖母と番頭に任せっきりにしているのでした。

 

らんまんあらすじネタバレ8週9週10週11週:小学校の臨時教員 上京後 大学助手に

富太郎は15歳の時に佐川小学校の臨時教員となりました。17歳の時には、高知師範学校の教師・永沼小一郎を通じて欧米の植物学に触れ、著名な植物学者達と理解し合うことが出来ました。

富太郎が19歳の時、第2回内国勧業博覧会の見物、また書籍や顕微鏡を購入するために、初めて上京するのでした。

明治17年(1884年)、富太郎は22歳の時に再び上京

東京帝国大学理学部植物学教室の矢田部良吉教授を訪問し、教室にある文献や資料の使用を許可された富太郎は、植物学に没頭

25歳の時には、植物学教室の同僚達と植物学誌『植物学雑誌』を創刊。一方で、この年に富太郎の祖母は亡くなる

 

らんまんあらすじネタバレ12週13週14週15週 論文発表・結婚後に研究の道閉ざされる

富太郎は26歳の時、『日本植物志図篇』の刊行を自費で開始しました。そして、富太郎が27歳の時に新種を発見し、『植物学雑誌』に発表。

その後も富太郎は次々に新種を発見し、その新発見を学術論文を通して発表したことから、世界的に名を知られるようになりました。明治23年(1890年)、富太郎は28歳の時に小澤壽衛子と結婚

しかしその直後、富太郎は2人の教授から植物学教室への出入りを禁じられ、研究する道を閉ざされてしまう

 

らんまんネタバレあらすじ16週17週18週19週 大学教授再び

1度は郷里に戻った富太郎でしたが、駒場の農家大学(現、東京大学農学部)で研究する機会を得て、再び上京することに。

31歳で、矢田部が退任した後に東京帝国大学理科大学の主任教授となった松村に呼び戻される形で富太郎は助手となった。

 

らんまんネタバレあらすじ20週21週22週23週 研究のために多額の借金を

『日本植物志図篇』の自費刊行などで家業の経営は傾き、その時には裕福だった生家は完全に没落していました。

助手の月給で一家を養っていた富太郎でしたが、文献購入費などの研究に必要な資金には事欠いていました。

しかし、研究のために必要と思った書籍は非常に高価なものでも全て購入していたため、多額の借金を作り、ついには家賃が払えず、家財道具一切を競売にかけられたりするのでした。

 

らんまんネタバレあらすじ24週25週26週最終回 日本植物図鑑完成!94歳で死去

・最終回130話いつまで9月29日(金)予定

小学校を中退し学歴の無かった富太郎は、学内から様々な嫌がらせを受けながらも東京帝国大学に必要な人材として47年もの間、大学に留任しました。

昭和2年(1927年)65歳の時には、東京帝国大学から理学博士を受けました。昭和15年(1940年)、退官後の78歳の時に研究の集大成として『牧野日本植物図鑑』を刊行。

それから17年後の昭和32年(1957年)牧野富太郎は94歳で死去。牧野が死去した翌年の4月には、高知県立牧野植物園が開園されるのでした。

らんまん他記事一覧⇓⇓

【らんまんトップページ 】ネタバレあらすじ最終回まで!原作は前妻が

らんまん【妻たちのモデル】最初の妻-猶と離婚後に現妻・壽衛子と衝撃出会い

らんまん【牧野富太郎の子孫】 現在は家系図ひ孫経歴13人の内6人死亡

らんまん【万太郎モデル実在】は牧野富太郎!坂本竜馬との関係!イケメン画像年表

らんまん【キャスト相関図!】子役-万太郎は森優理斗と小林優仁

らんまん【モデル牧野富太郎 命名した植物一覧】はこんな植物もムジナモ

 

万太郎(牧野富太郎)の前妻:猶なおと現妻ヒロイン寿恵子(寿衛)の関係

モデルとなってる牧野富太郎さんは、一度離婚した経歴があります。前妻がいたのです。前妻の猶と現妻の寿衛会いは、富太郎の一目ぼれで、富太郎が26歳、寿衛(15歳頃)と一緒に暮らし始めます。約10歳離れた年の差婚でした。

同棲生活をスタートしますが、すぐに結婚できなかったのは、故郷高知に妻・猶(なお)という存在の女性がすでにいたためです。

なので、寿衛は後妻ということに。前妻・猶のことについては、あまり記録に残されていません。猶と結婚し、実家の作り酒屋のことはすべて猶に任せ、富太郎は東京で研究に没頭し、お金が尽きれば送金を頼むだけの関係になってしまっていた。

その後、猶とは離婚し、寿衛と結婚し子どもは13人生まれます。そのうち7人がなくなってしまいますが…

らんまん牧野富太郎最初の妻-猶と離婚後に現妻・壽衛子と衝撃出会い

朝ドラ らんまん・原作となる実在:牧野富太郎の生涯年表

  • 1862年 0歳:現在の高知県高岡郡佐川町に生誕。
  • 1868年 6歳:父(1865年)、母(1867年)、祖父(1868年)を亡くし、祖母に育てられる。明治維新。
  • 1874年 12歳:佐川小学校に入学するが、2年で退学。
  • 1877年 15歳:佐川小学校の臨時教員となる。(2年で退職)
  • 1880年 18歳:高知中学校教員・永沼小一郎と共に植物学を学ぶ。
  • 1881年 19歳:初上京。顕微鏡や書籍を購入し「第2回内国勧業博覧会」見物。自由民権運動に携わる。
  • 1884年 22歳:二度目の上京。現・東京大学理学部植物学教室へ出入りし、研究に没頭。これより1893年頃まで東京・高知の往復生活。188725歳『植物学雑誌』を創刊。祖母死去。
  • 1888 26歳:『日本植物誌図篇』の刊行を自費で始める。寿衛と暮らし始める。
  • 1889 27歳:『植物学雑誌』に大久保三郎と新種ヤマトグサを発表、日本で初めて学名をつける。
  • 1890 28歳:寿衛と結婚。水草ムジナモを発見。植物学教室に出入りができなくなり、ロシア行きの計画を立てる。
  • 1891 29歳:マキシモヴィッチ博士死去し、ロシア行きが中止。高知の実家の家財整理を
  • 1893 31歳:東京帝国大学理科大学助手に。
  • 1900 38歳:『大日本植物誌』刊行。
  • 1909 47歳横浜植物会創立、指導にあたる。新種のヤッコソウを発表。
  • 1912 50歳:東京帝国大学理科大学講師に
  • 1916 54歳池長孟(はじめ)氏の援助により経済的危機を脱し、神戸に池長植物研究所をつくる。『植物研究雑誌』を自費で創刊。
  • 1919 57歳北海道産のオオヤマザクラの苗100本を上野公園に寄贈。
  • 1926 64歳現在の東京都練馬区東大泉(練馬区立牧野富太郎記念庭園)に家を建てる。
  • 1927 65歳理学博士の学位授与。新種のササを発見。
  • 1928 66歳妻・寿衛55歳で死去。新種のササをスエコザサと命名。
  • 1934 72歳『牧野植物学全集』刊行。
  • 1937 75歳『牧野植物学全集』により朝日文化賞を受賞。
  • 1939 77歳東京帝国大学講師辞任(勤続47年)。
  • 1940 78歳研究の集大成『牧野日本植物図鑑』発行 ※現在
  • 1941 79歳民間アカデミー国民学術教会より表彰。
  • 1949 87歳危篤になるが回復。
  • 1951 89歳第1回文化功労者に選出。
  • 1957 94歳1月18日、永眠。従三位勲二等旭日重光章および文化勲章授与。
  • 1958  高知県立牧野植物園、練馬区立牧野記念庭園が開園。東京都立大学理学部牧野標本が館開館。

 

らんまんモデル実在は牧野富太郎!坂本竜馬との関係!イケメン画像年表

 

朝ドラ らんまん ネタバレあらすじ全体 幼少期/学生時代/大学教授/植物図鑑完成まで

朝ドラ『らんまん』の主人公・槙野万太郎の実在モデルとなるのは、日本の植物学者・牧野富太郎さんです。

あらすじ:万太郎の幼少期

文久2年(1862年)3月、幕末の中で坂本龍馬は維新に夢を抱き、土佐藩を脱藩します。

それから1ヶ月後。

土佐で代々酒造業を営む槙野家に男の子が誕生し、「万太郎」と名付けられるのでした。

 

裕福な家に産まれた万太郎は、身体は虚弱でしたが、明るい性格をしていて、
植物が大好きな男の子へと成長します。

しかし、万太郎が6歳の時、万太郎に愛情を注いでくれていた母・房子が病気に
より他界

母が亡くなる前に父も既に他界していた万太郎は、祖母・タキに引き取られる
ことになるのでした。

あらすじ:万太郎の学生時代

万太郎を名家の跡取りに相応しい男子に育てようと考えたタキは、万太郎を藩校
に入学させることに

しかし、万太郎は藩校での生活に馴染めませんでした。

そんなある日。植物に関する書物に出会った万太郎は、その書物を読みたい!という一心から
勉強するようになるのでした。

 

それから万太郎は、西洋の学問を次々に吸収し、学業成績は優秀なものとなりました。

その後すぐに、新しい学校制度が明治新政府により始められることになり、
万太郎は小学校に入学しました。

しかし、小学校の教育レベルの低さに愕然とした万太郎は、自主退学

家業を手伝いながらも、植物採集に夢中になる日々を送るのでした。

あらすじ:万太郎上京から大学助手に

東京・上野で「内国勧業博覧会」が開催されることにより、万太郎は初めて上京
することになりました。

上京した万太郎は、憧れ続けていた植物学者達と出会います。

また、博覧会では国内外問わず今まで見たことのない珍しい植物と触れる機会と
なりました。

その体験がきっかけになり、万太郎は植物学に対して情熱を燃やすことになるのでした。

 

万太郎は、東京帝国大学植物学教室で助手の仕事が出来るようになりました。

日本の植物を全て研究したいという情熱の元、万太郎は植物の研究に没頭します。

そして万太郎は、新種の植物を次々に発見していき、まだ名の無いそれらの植物に学名を付けていくのでした。

 

教授達は次々に新種を発見していく万太郎に嫉妬心を抱き、万太郎は様々な嫌がらせを受けることに。

また、万太郎はたくさんの新種を発見する功績があっても、小学校を自主退学していて学歴が無いため、貰える給金はごくわずか。

様々な困難に直面しながらも、”日本独自の植物図鑑を編纂する“という夢を追いかけながら、万太郎は植物に対する愛と情熱を注ぎながら邁進していくのでした。

 

【らんまん牧野富太郎 命名した植物一覧】はこんな植物もムジナモ、妻のスエコザサも

 

\らんまんモデルの結末まで知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など金・土・日はお得に読めます***

朝ドラ らんまん キャスト相関図一覧

高知編キャスト相関図

連続テレビ小説「らんまん」 (@asadora_nhk) / Twitter

(引用元:https://twitter.com/asadora_nhk/status/1623139552654200835/photo/1)

主人公とその家族

槙野万太郎/神木隆之介

本作の主人公で、植物学の研究者となります。

高知の裕福な酒造業の一人息子。

東京では「十徳長屋」に住むことに。

日本独自の植物図鑑を編纂する“という熱い夢のため、植物学者として活躍します。

幼少期の万太郎◆森優理斗
幼少期の万太郎◆小林優仁

詳しい子役キャスト紹介はこちら⇓⇓

らんまんキャスト相関図!子役-万太郎は森優理斗と小林優仁

 

牧野寿恵子/浜辺美波 ヒロイン

本作のヒロインであり、万太郎の妻。

苦しい家計をやりくりしながら植物研究に没頭する万太郎を支える存在です。

牧野富太郎の妻・牧野壽衛子さんがモデルになっています。

 

槙野ヒサ/広末涼子

万太郎の母。

病弱でありながらもようやく授かった万太郎にたくさんの愛情を注いで育てますが、
万太郎が6歳の時に病気で他界します。

 

槙野タキ/松坂慶子

万太郎の祖母。

「峰屋」の当主だった夫と跡取りになるはずだった一人息子に先立たれてしまった
ため、「峰屋」を切り盛りすることに。

 

槙野綾/佐久間由衣

万太郎の姉。

幼い頃に酒蔵に迷いこんだ時に、強く酒造りに興味を持ちます。

 

酒蔵「峰屋」

竹雄/志尊淳

万太郎の生家である酒蔵「峰屋」の番頭の息子。

万太郎のお目付け役となり、万太郎の良き理解者となってくれます。

幸吉/笠松将

幼少時から「峰屋」に出入りしている蔵人(日本酒造りの職人)。

毎年秋から春にかけて「峰屋」に酒造りにやって来ます。

たま/中村里帆

「峰屋」の女中。

万太郎が幼い頃から奉公しています。

高知の人々

楠野喜江/島崎和歌子

自由民権運動を支援している女性で、通称「民権ばあさん」。

池田蘭光/寺脇康文

万太郎が少年時代に通う学問所「名教館」の学頭。

学者として名前を知られていますが、酒好きで身だしなみに無頓着なため、
変わり者と思われています。

しかし、万太郎にとっては人生の師匠のような存在です。

広瀬佑一郎/中村蒼

名教館時代の万太郎の学友。

北海道で土木工学を学んだ後、工部省で鉄道建設に携わる仕事をしています。

 

東京編キャスト相関図

連続テレビ小説『らんまん』新たな出演者【東京編】発表 ...

(引用元:https://twitter.com/asadora_nhk/status/1623139552654200835/photo/1)

寿恵子の家族と関わりのある人物

西村まつ/牧瀬里穂

寿恵子の母であり、根津で和菓子屋「白梅堂」を営む女将。

元は柳橋の芸者でした。

笠崎みえ/宮澤エマ

寿恵子の叔母であり、まつの妹。

新橋の料理屋の女将として新政府の役人と懇意にしています。

姪の寿恵子が玉の輿に乗れるよう働きかける存在。

阿部文太/池内万作

「白梅堂」の武骨な菓子職人。

万太郎が暮らす「十徳長屋」の人々

倉木隼人/大東駿介

上野戦争で生き延びた元彰義隊で十徳長屋の住人。

妻子と一緒に暮らしていますが、酒と博打に溺れる生活をしています。

倉木えい/成海璃子

隼人の妻。

上野戦争で負傷した隼人の介抱をしたことがきっかけで、隼人と結婚します。

万太郎をはじめとする「十徳長屋」の住人の食事の世話をしてくれる存在です。

及川福治/池田鉄洋

十徳長屋の住人で、魚の干物を売る棒手振り。

娘の小春と2人で暮らしています。

江口りん/安藤玉恵

十徳長屋の差配人で、十徳長屋の住人の相談相手でもある存在。

宇佐見ゆう/山谷花純

十徳長屋の住人で小料理屋の女中をしています。

能登から東京に流れてきたようです。

万太郎が憧れる植物学者

野田基善/田辺誠一

万太郎が幼少期から憧れ続ける植物学者。

万太郎に東京大学への紹介状を書いてくれます。

里中芳生/いとうせいこう

野田と同様、万太郎が幼少期から憧れ続ける植物学者の一人。

少年時代の万太郎が模写した「植物図」の作者です。

上京した万太郎を温かく受け入れ、「日本博物館の父」と呼ばれます。

 

 

朝ドラ らんまん 主題歌あいみょん「愛の花」歌詞付き

あいみょんが作詞作曲を手掛けた楽曲「愛の花」が、2023年春スタートのNHK連続テレビ小説『らんまん』の主題歌に!

あいみょんさんのコメント:

自宅で大切に育てていた蘭が遂に蕾をつけて紫色の花を咲かせた頃に、主題歌のお話を頂きました。1年半以上全く花が咲かなかったのに見事にシンクロ。爛漫と紫の花が咲きはじめてびっくりしました。きっと偶然だとは思うんですが、日本の植物学の父、牧野富太郎さんをモデルとしたお話ということもあり、まるで花に祝われてるような、よろしく!と言われているような、そんな気がして嬉しくなりました。

ただひたすらに愛する力を持つ、そんな主人公や主人公の奥さんと向き合いながら制作した楽曲です。毎朝流れると思うと、これからの朝が緊張します。よろしくお願いします。

朝ドラ「らんまん」の基本情報

ドラマの放送日 2023年4月3日放送開始 全26週(130回)
ドラマの脚本家 長田育恵
ドラマの主題歌 あいみょん「愛の花」
ドラマの原作 原作なし
ドラマの放送局 NHK
ドラマの公式HP らんまん

*********************

ここまでが、朝ドラ らんまんネタバレあらすじ最終回!キャストモデル前妻まで
全知りたいことについての紹介でした。

男性主人公の朝ドラは、『エール』の窪田正孝さん以来3年ぶりになります。

主人公を演じる神木隆之介さんは、子役の頃から有名で知名度も演技力も抜群。

神木さんにはグッとくる可愛さがあるので、朝ドラは女性の視聴者が多いため、
盛り上がること間違いないでしょう。

神木さんの演じる槙野万太郎がどの様に物語を紡いでいくのか、今からとても
楽しみです。

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

最新ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧